イラっとしない自分を造る

おはようございます🌞
高衣紗彩です。

2021年2月3日

例年だと、今日は節分ですが、今年は昨日だったんですね。
今年は124年ぶりに「立春」が2月3日で「節分」が2月2日になったそうですが、閏年の関係とのことなので、また同じことが起こるのは、100年くらい先かと思ったら・・・。

2025年からは、なんと4年ごとに2月2日になるそうですね。

この例に限らず、当たり前と思っていたことが実はそうではなかった、ということは良くありますよね。これまで常識だったことが、一夜にして非常識になったり、その逆もまた然りだったり。

これが、ふっと感じる、小さな「イラッ」にも当てはまる、としたら、驚くでしょうか。例えば、こんな光景を想像してください。

あなたは、同僚とランチに行きました。目の前に座った同僚が、おもむろにあくびをし、スマホをいじり出しました。あなたは、どう反応するでしょうか。

イラッとする
特に、何も感じない
寝不足なのかな、と思う。

イラッとする方は、もしかしたら、イラッとした後で、「いやいや、そんなことで腹を立てるのは器が小さいな」と思い、疲れているだけだろうと思い直そうとするかもしれません。

でも、スマホをいじり続けている同僚を見ると、やっぱり腹が立つ。

そして、思います。

「いや、一緒にご飯を食べているのだから、失礼だろう。目の前の人に失礼なことをしているのはこいつだ。客観的に見ても、このような扱いを受けたら、誰でも腹を立てる、自分の器が小さいわけではない。」

・・・。

その後の会話も楽しめず、逆に、美味しそうにランチを食べる同僚に「どうしたの?なんか嫌なことでもあったの?」と聞かれる始末。

午後も、それが尾を引いてベストコンディションで仕事ができず、上司に怒られた。

きっかけは、同僚なのに、あなたの1日は、踏んだり蹴ったりです。

ですが、あなたが「イラッとして当然」と考えるその出来事に、イラッとしない人もいます。その人たちは、例えば、こう考えています。

仕事が立て込んでいて寝不足なのかな、気になる案件があるのかな、家族と連絡を取る必要があるのかな。

いずれにしても、今日はランチは早めに切り上げてあげよう。そうしたら、始業前に少し仮眠を取ったり、家族と電話で話す時間が取れる。

後者の方が良い人ですよ、この人のように、人を思いやれるようになりましょう、と言いたいわけではありません。

あなたの心の状態が、全く180度違う、ということです。
心の状態は、どちらが穏やかで安定しているかというと、明らかに後者です。それが、午後からの、自分の仕事のパフォーマンスに影響を与えます。

それ以前に、自分自身の「気分」今この瞬間の「幸せ度」が違いますね。

この違いは、どこから生まれるのでしょうか。

それは、その人の「認知」の違いから生まれます。認知の違いを生み出す大元の要因となっているものの一つに、視点の方向性、意識のフォーカスの違い、があります。

前者は、「自分の扱われ方」に意識のフォーカスが当たっており、後者は、「相手の状況」に意識のフォーカスが当たっています。

あなたの心の安定度は、出来事が作り出すのではなく、あなたの意識のフォーカスが作り出すのです。

自分が無碍に扱われた、との認知は、あなたの認知であって、真実ではありません。出来事、事実としては、「同僚はランチタイムにあくびをしてスマホを見ていた」だけです。

一つの事実を、あなたの認知によって、あなたの世界における「真実」にしてしまったのです。 すなわちそれは、あなたが作り出した幻想です。

私たちは、気になっていること、不安に思っていることがあると、その証拠をいともたやすく発見することができる性質を持っています。そして、「やっぱり。自分の危惧はあっていた。」と結論付けます。
それは、往々にして、真実とはかけ離れた結論ー幻想ーになります。

そして、自分が作り出した幻想に対して、怒りや悲しみを覚えるのです。
「愛されていないかも」が、「やっぱり、愛されていないんだ!」という確信に変わり、それに悲しくなったり腹が立ったりしてしまうのです。

その証拠を見つけた瞬間、幻想は強化され、私たちは、なんと、安心します。

やっぱり、自分の心配は当たっていたのだと。
放っておくと、これが繰り返されることになります。 すると、最初はほんの少し「真実からズレ」ていただけであっても、生きれば生きるほど、幻想が強化される方向に向かっていきます。

本来、世界は秩序立っているものですが、幻想の強化を繰り返すことによって、人生がどんどん混沌としたものになっていきます。そして、常に、イラッとしたり、悲しんだり、怒ったり、まるで、感情のジェットコースターに乗ったような毎日が繰り広げられることになります。
この流れは、どこかで「真実をありのままに捉える」という訓練をすることでしか、止めることはできません。

逆に言うと、認知と思考のトレーニングをすることで、人生を秩序だったもの(穏やかで調和が取れている本来の形)に戻すことができます。

先に挙げた例は、もうすぐ卒業を迎えるJDS9期の受講生さんが、毎週の振り返りで挙げてくれたものです。
以前は前者のように反応していたけれど、先日、後者のように反応している自分がいて、自分で驚いた、と、シェアしてくれました。

私たちは、私たちが思っているよりも短期間で、穏やかで秩序だった人生にシフトすることができます。
そのために、行うことは、認知を変えることだけです。(正確には、変えるのではなく、視点を増やすだけなのですが、これはわかりにくいので、改めてお伝えします。)
この、認知を変える、ことを可能にするのが、中庸思考®︎トレーニングです。

これを行うことで、今、どんな状態にあっても、怒りや悲しみ、批判や非難といった、私たちを本来の状態ー本質ーから遠ざける感情のジェットコースターから下り、穏やかに調和が取れて秩序立った世界で生きることができます。
自分で、自分が生きる次元をそのようにシフトすることができるのです。
もし、今、自分は前者のようにイラッとする世界に住んでいるな、と思う方は、ぜひ、中庸思考®︎︎︎を身に付けてみてください。

朝活でも、その一部をご紹介しています。
今日も生きたい自分を生きましょう!

愛と感謝を込めて
高衣紗彩

I 一日入門講座  2月開催分

自分独自の最高の価値観とミッションから
貴方が望むオリジナルの人生を
キャリア、資産形成、精神性の向上
(中庸思考®︎)の三つの柱で構築するー。

人生デザイン構築メソッド®︎入門編
~初めての人生デザイン~

<2月の日程>
7日  (日)14:00 -17:00(満席
23日(火)18:30 -21:30(残席2)

<ご感想>
『入門編とは思えない内容の深さに驚き感謝しつつも、メソッドの内容となぜ成果が上がるのかが理解でき、自分にもできると思え、今後の人生への期待が高まりました!』

1日入門講座詳細とお申し込み

 


カテゴリー

無料コーチングメール, 精神性の向上