仕事や人生このままでいいの?と思った時に読む1冊  「正負の法則」ドクタージョン・F・ディマティーニ【書評】

2019年7月27日

あなたは「今の仕事、そして私の人生はこのままでいいのかな?」と考えた事はありませんか?そんな心配や不安を感じていても

「でも、どうしたらいいのか分からないし。」

「自分は世間一般的には幸せなんだから!」

と自分の心の声をかき消してしまってはいないでしょうか?

そんな方にオススメの本【正負の法則】を今日は紹介したいと思います。

 

この本の中で伝えていること

本書の著者 ドクタージョン・F・ディマティーニは弊研究所のブログでも度々登場してきますが、年間300日を講演家、教育者として世界中を飛び回り、数百万人もの人生を変えてきている方です。 

本書は、「夢を実現したい人」、「自分の夢が何なのか分からない」、「自分が生まれてきた意味って何だろう?」という疑問を抱く人向けに書かれています。

そしてそういった悩みに対して

・夢の見つけ方

・夢の実現方法

が具体的に書かれており、その方法を実行する事で、あなたの人生を変える事ができると筆者は言っています。

自分の夢を実現させる3ステップ

夢を実現させる3つのステップと、そのポイントは、以下の通りです。

ステップ1:自分の内なる声に耳を傾ける

あなたが人生で本当にやりたい事、成し遂げたい事は何ですか?

この質問に対して自分の答えを書き出してください。

「幸せになりたい」「成功したい」といった漠然とした表現ではなく、最終的にはどんな人になりたいのか? 何をしていて、どんなモノを持っているのか?

「そういう人いるね!」と、ありありと自分をイメージできるまで書き出します。最初は漠然としていても良いので、とにかく書き出します。そうすることで、現実化される速度が早まります。

ここで重要な事は、書いている最中から、

「そんな事出来るわけない」

と出てきた自分の内なる声を否定しない事です。

ステップ2.出てきた夢を細分化する

続いては、出てきた夢に向けて、そこに向かうステップを細分化する工程です。

「ステップ1」で出てきた自分は何をしていましたか? それは今の自分と比べると途方もなく遠くにいる別の自分だと思うかもしれません。

「こんな事できないよ。」と思ってしまうかもしれませんね。

このように思ってしまうと、「現在の自分」と「在りたい自分」とのギャップが大きすぎて実行する気にもならず、夢を紙に書いただけで終わってしまいます。

そうならないために、夢を細分化することが必要、そしてそのために「7つの質の高い質問」を自分に問いかけて答えがみつかるまで諦めないことが重要、と筆者は言っています。

その7つの質の高い質問の内、1つをご紹介します。

ーーー

“ やりたいことを始めるための、今日できる優先度の高い7つのアクション・ステップ(行動段階)は何だろう? ”

ーーー

この質問を自分に問いかけ、夢に向けて「今日」できることから始める。それが例え一歩にも満たないようなことであっても、この質問を問い続けます。

ステップ3.実行する

今日できる優先度の高い7つのアクション・ステップを書き出したら、それを毎日実際に実行します。

ここで大事な事は毎日のステップを小さく、小さくする。という事です。

例えば

「夢の実現の為に本を読む」を今日のアクション・ステップとした場合

「読む」だと1時間とかまとまった時間が必要だと考えてしまうかもしれません。

そうなると目先のやらなければならない仕事に追われて結局読まない。という事が起きてしまいます。

ここでいうアクション・ステップはもっと小さくていいのです

「読む」ではなく「本を開く」

これでOKです。

「????」

と思われた方もいるかもしれません。 でも開くだけなら1秒で出来ますよね?そして開いたらついつい何行かは読んでしまいますよね?

それでいいのです。私たちは最初の一歩を踏み出すことがとても苦手です。先ほどの例のように読書をするには1時間くらい時間が必要だと、自分で条件を作り上げてしまっているんですね。

そうなると、一歩を踏み出す事が難しくなってしまいます。毎日のアクション・ステップは「小さく、小さくする」これがポイントです。

そして、この1〜3のステップは、時にはステップ3まで行ったあと、再びステップ1に戻って書き直し、自分のビジョンをより鮮明にすることが重要です。

ちなみに筆者は、この夢のブラッシュアップを30年以上毎日欠かさず行なっているそうです。すごいですね!!

このステップが難しそうだなと思う人へ

ここまで読んでいただいて、こんな大変なことやり続けるの?という疑問が湧いてきたかもしれません。

そんな疑問に対して、勇気の出る言葉をお届けしたいと思います。

ーーー

” 毎日しなければならないと思っていることをして過ごし、あなたが心から好きな事をしておらず、していることを愛するようでなければ、天性の才能を目覚めさせる事は期待出来ないのです。”

ーーー

私はこの一文を読んで、自分の人生にとって何よりも大切な「自分」に対して、その自分の才能を目覚めさせるか否かは、毎日の自分の選択なのだな。と感じました。

実際に1年間実践してみて思う事

私は幸せなことに、弊研究所主催の人生デザイン構築学校®︎に出会い、筆者がこの本で話している事を、約1年間毎日実践し、そして継続しています。

最後に、私自身の体験も踏まえて感想を書いてみたいと思います。

これらを実践してみて思うことは、

「毎日続ける事で、より自分のビジョン、人生の方向性が明確になっていく」と言うことです。

個人的には、自分の体に“馴染んでいく”という感覚です。 ビジョンが自分の一部になっているという実感があります。

特に「自分の内なる声に耳を傾ける」は最初は上手く出来なかった記憶があります。

どうしても、目の前のやらなければならない仕事や、用事に追われてしまうので、「耳を傾ける時間を作る」という、生活習慣の改善から取り組む必要がありました。

習慣化されるまでの約3ヶ月くらいは、朝晩「自分のために時間を作る」ことが中々出来ずに苦戦をしながらの毎日でした。

今は、以前の逆で、毎日自分の時間を取らないような日が続くと、本来の自分でいられず、パフォーマンスが上がらないのを感じます。

そして、この時間をとることでいわゆる「インスピレーション」を感じる事が多くなるので、人生が好転して行っていることを実感しています。

まとめ

今回は、私が大切だと思った3つに絞ってお伝えしました。ここには書き切れなかった秘訣も多数ありますので、今の仕事や、この先の人生に対して不安を感じているようであれば、ぜひ一読してみることをオススメします!

amazonリンク

 

□■━━━━━━━━━━━━■□
キャリアと資産形成を同時に考え
将来のお金や仕事の不安から解放されて
自分でデザインした望む人生を生きる

そんな人生のデザインをサポートする
『人生デザインコーチ』養成講座
   期間限定 無料公開中!
□■━━━━━━━━━━━━■□

 ↓↓詳しくは、こちらをクリック♪↓↓

 

アバター

About 仲川 佳乃

人生デザイン構築学校®︎ 一般社団法人人生デザインアカデミー協会®︎認定  人生デザインコーチ®︎ 講師 仲川佳乃

カテゴリー

キャリアデザイン戦略