仕事の不安を消すための3つの質問

2019年3月22日

こんにちは! ミッション・ミッケ人生デザイン研究所、所長の高衣紗彩です。
4月から、仕事や職場が変わったり、転勤になったり、新しい役割を仰せつかったり、人生のの転機を迎えている方もいらっしゃると思います。
新しい生活、新しい人生が始まる!
と思った時に、私たちが持つ反応は、大きく二つに分かれます。
一つは、期待に胸膨らむ方、
もう一つは、不安を感じる方。
期待に胸膨らむ方は、新しい役割に、これをしよう、あれもしてみよう、と、色々とアイデアが出てきて、今から色々と楽しみ! と思っているかもしれません。
一方、不安を感じている方は、ソワソワと落ち着かず、嫌な感情に圧倒され、今この瞬間も、今を楽しめていないかもしれません。
前者は、明るい楽しそうな表情をしているかもしれません。後者は、不安げな表情をしているかもしれません。
どちらが良いかと思った時には、一見、前者の方が良さそうです。
自分でも、前者であれば楽しく、後者であれば、ざわざわと締め付けられるような、嫌な感覚を感じるでしょう。なので、不安を感じるのは良くないこと、と思っているかもしれません。
ですが、不安を感じることは、悪いことではありません。良い悪いは、ありません。良い、悪い、の判断自体が、真実に基づいていない『幻想』です。
不安になって悪いことはありません。それは、生き物として当然のことです。不安になってよくない、という認識があるのは、
—————————————
それが行動を制約するから
—————————————
です。
不安を感じて、せっかく、これまでと違う自分の才能を発揮できるチャンスに恵まれたのに、それを掴まない、掴めないのは、勿体無いですよね^^。
不安を感じた時に、それを良い悪いと判断・評価せず、それが必要ないとわかったら、それをすぐに消せて、そして、一歩を自信を持って踏み出す、ということができたら、どんなにいいでしょう。
不安を消すことができたらー。
今回は、そんな方法について、考えたいと思います。

不安が生まれるメカニズム

不安を消すと言っても、臭いの元を絶たずに、芳香剤でそれを消そうと思っても無駄なように、元から経つ 必要があります。
そして、元から経つには、不安が生まれるメカニズムを知って、不安が『生まれないようにする』必要があります。
不安は、以下のようなメカニズムで生まれます。

  1. 将来に対して、本当は存在しないお化けを作っている
  2. その実在しないお化けを怖がっている
  3. これはこうであるべきという、根拠と意味のない常識に囚われている
  4. もしマイナスの方に転んだら、取り返しがつかないと思っている

1. 本当は、存在しないお化け。よくある、夏の夜に柳が首を撫でただけなのに、ヒュードロドロに首を撫でられたと思ってしまうのと同じで、大方の不安は、「そうなるかも」という自分の想像があって、生まれています。
そして、「そうなるかも」と考えるとき、私たちの想像力はとても豊かになります。冷静に考えたり、他人から見たら、それはかなり高い確率で起こらないでしょ、と思うことを、まるで絶対にそうなるかのように信ぴょう性を持って、私たちは想像してしまいます。
2. そして、そのとってもリアルな想像力で想像したお化けは、とってもリアルなので、とても怖い。
3. そのお化けが出た時の自分は、『こうあるべき』な自分とは真反対に、なんともかっこ悪く、惨めで、自分には許せない状態になっている。
ここには、「すごい」と思われないとだめ、すごいと思われるべき、という、根拠のない『常識』を持ち、それから外れることを恐れています。
4. こんな自分、ありえない! 許せない! 恥ずかしい! 惨めだ! そんな自分は、皆からバッテンの刻印を貼られる! バカな奴と思われるに決まっている! もう誰も自分を「すごい」と思ってくれない! そんな中で生きていくことは不可能だ!もうおしまいだ!
不安は、大きく、大きくなっていきます。そして、それに押しつぶされそうになり、今に意識を集中することができません。
パフォーマンスも落ち、目の前の人との会話にも上の空になり、その人がいつもより具合が悪そう、などにも気づかず、現実が悪化していきます。
想像上のお化けに心が絡め取られているために、現実も悪化してしまうのです。

不安をもとから断つ

不安に押しつぶされそうな時には、上記の思考ループから
こうなったら自分の人生は終わりだ!
と思っている(思い込んでいる)ことが、殆どです。ですが、そこに根拠があることは、ほとんどありません。
自分が想像している最悪が起こったら(想像しているお化けが出たら)、本当に人生が終わるのか?
それを冷静に考える、ということをしていないことが多いためです。
例えば、新天地でうまくできなかったらどうしよう? と不安に思っているとします。
うまくいかない、とはどういうことなのか?
新天地でメンバーに溶け込めない。
→上司(会社)に、こいつは使えない、と思われる。
→居場所が無くなる
→会社をクビになる
これが、実際に真実だったら、それは不安です。
高衣がいつもお伝えしていることに、
「どんな出来事にも、
自分にとってプラスとマイナスと同じだけある」
「試練には、必ず同じだけの支援がある」
というものがあります。
真実をよく見てみると・・・

  • メンバーに溶け込めない、との認識を持っているが、実際には、一人や二人、歓迎的な態度で迎えてくれなかった人がいる、ということであって、全員から敵視されているわけではない。
  • ほとんどは新しく来た人に興味はなく自分のことで精一杯、その中の一人や二人は、とても協力的で、なんでも言ってくください、と言ってくれる人がいる。

だったりします。
なので、実際には、必ず、突破口があります。
・協力的な人に、どうしたら歓迎的ではない態度を持っている二人に受け入れてもらえるかを一緒に考えてもらう
・そのうちの一人は、忍者の話が大好きとわかって、忍者のDVDを貸したりすることで、親近感を持ってもらえた*
などです。
*海外赴任との想定です ^^。
悩みのタネが、今実際に起こっていることなら、そこには必ず、プラスとマイナス、支援と試練を見つけることができます。支援を得ていることを認識できれば、それを頼りに試練を乗り越えることができます。
ですが、想像の中の世界には、マイナスしかなく、試練しかありません。
なぜなら、それは、あなたの想像だからです。想像は、する人のフレームワークの中で生まれます。なので、その人が偏った見方をしている世界では、偏った想像が生まれてしまうのです。
なので、いくら考えても、想像上の世界で、プラスも支援も見つけることはできません。つまり、想像の中では、そのマイナスな出来事を乗り越えることはできるとは思えないのです。
ですが、実際にその場になったら、必ず、プラスがあり支援があります。そのプラス、その支援をしっかり認識すれば、どんなことも、感謝を持って乗り越えることができます。
これは、普遍的真理なので、例外はありません。不安を消すことができるかどうかは、自分の場合も例外ではない、と信じることができるかどうか、にかかっています。
「最悪」(と今のあなたが思っている)ことにも、あなたとあなたの人生にとってプラスの要素が必ず隠されています。
それが見えないから辛い。見えたら、「最悪」と思っていたことは、実は最悪ではないんじゃ?とわかってきます。むしろそこから恩恵を受けることができる、ということが見えてくるので、その「最悪」が起こっても、OK! と思えてきます。むしろ、そんなプラスがあるなら、起こってもいい、とさえ思えてきます。
そう思えたとき、不安は消えています。

不安を元から断つための質問

不安とは、
物事の最悪を想像(創造)し、想像した最悪を恐れている時に芽生える感情です。
真実はー。

  • 起こる確率が高いと思っていた「最悪」は、実は起こる確率はかなり少ない
  • 起こったら最悪と思っていた出来事は、起こったとしても最悪にはならない
  • なぜなら、そこには必ずプラスがあるから
  • そして、そこには、必ず支援があるから

その支援を受けることは、あなたにとって、愛を受け取っていることに他ならず、最悪と思っていたことは、それがなければ決して受け取ることがなかった愛を受け取る機会を自分に提供してくれたー。
それが、真実です。
真実とは、いつも、常に、そうなるということです。
実際にあなたが経験することは、あなたが想像したものよりもっとあなたに優しいことなのです。
これが腑に落ちると、不安は生まれません。
これまで、生まれていた不安も、雲が流れて無くなるように、消えていきます。

不安を元から経つための質問

以上の真実を踏まえ、不安を元から断つための質問として、以下の3つを提案します。
1 恐れていることは、本当に起こるのか?」
2 それが起こったら、本当に自分にとって最悪な結果となるのか?
3 それが起こったら、そこから得られる自分にとってのプラスは何か?
得られる支援は何か? との質問を忘れている、と思った方がいらっしゃるかもしれません。
これについては、聞く必要はありません。
なぜなら、支援とは、シンクロニシティのように、やってくるもので、どこから現れるか、どんな形で現れるか、は、私たちの想像を超えているものだからです。
それは、人間が想像だにしないところから、想像だにしない形でやってきます。なので、起こる前から支援を見つけることはできないのです。
だったら、不安は消えないじゃないか? と思われたかもしれません。
ですが、現実には、必ずそれは存在します。
上記3つの質問を聞いたら、4つめの支援は必ず存在する、ここは掛け値無しに信じることです。
信じるためには、過去にすでに起こったことに対して、支援を見つけることが効果的です。過去のことは、事実、なので、必ず見つかります。

まとめ

このようなこと(3つの質問)はこれまで考えたことがないかもしれません。それが、私たちの今の限界を作り出しています。
限界とは、見えている真実の多さに比例します。
限界の外にあるものに、私たちは不安を感じるのです。
最悪と思っている(今の視点では、そのプラスが見えていないために真実と思い込んでいる)事象について、真実が見えたら(プラスが見えたら)、限界は拡大し、不安は消えます。
新しい役割や環境に不安を感じていたら、この3つの質問を、自分にしてみてくださいね。質問するだけではなく、答えを探そうとしてください。
答えが見つからなくても大丈夫です。脳は質問をされた時点で、答えを探そうとします。探そうとするだけで、新たな視点を提供する新たな神経回路が作られていきます。なので、質問をし続け、考え続けていると、視野は広がり、見える真実が増えていきます。
不安から解放されて、あなた本来の力を、才能を、天才性を、新天地でも発揮していきましょう!
 
◎ このようなことをより詳しく学ぶ入門講座、開催中!コーチングメール、ご登録はこちらから↓
 人生デザイン構築学校®︎入門講座
◎ このようなことをより詳しく学ぶコーチングメール、ご登録はこちらから↓
1)「才能を輝かせ幸せに収入と資産を増やす技術 30日間(全13回)無料メールコーチングプログラム』に参加する。
第3回で、動画とワークシート付きであなた自身の最高の価値観を明確にするワークの解説をしています。解説にしたがって取り組んでください。

+†+――+†+――+†+――
🌈一人ひとりの可能性を現実に
働くを楽しく、人生をもっと面白く🌈

ミッションを仕事にして死ぬ直前まで
遊ぶようにプロのシゴトし、得た収入を
賢く増やしてお金の不安から解放され
自分の本質を幸せに輝いて生きる

人生デザイン構築学校®︎
学校長 高衣紗彩
+†+――+†+――+†+――


カテゴリー

精神性の向上