ビジネスの場で大活躍!効果的な話し方に欠かせないコツ

2019年2月23日

仕事をする上で、部下や上司の前で説明する機会や、客先の前でのプレゼンテーションをしたりと、私たちは人前で話す機会がたくさんあります。話し方ひとつで仕事の結果にも大きな影響を与えかねないため、プレゼンテーションの場などでは、特に話し方に気を付けている人が多いと思います。

実は、私たちが普段なにげにしている話し方からプレゼンテーションなどのビジネスの場での改まった話し方に至るまで、聞き手の約半分にしかその内容が魅力的に伝わっていないことが分かっています。日常会話だとまだしも、ビジネスの場だとこの状況はぜひ改善したいところです。

万人に効果的に伝える話し方にはコツがあります。このコツを身に付けることで、職場でのコミュニケーションが格段に弾むこと間違いなしです。今回は、その話し方のコツについてお伝えします。

心に響く魅力的な話し方には2種類ある

同じ話し方でも心に響く人もいれば、そうでない人もいます。なぜなら、私たち一人ひとりが心に響く言葉、話し方、影響される言葉は大きく2つに分けられるからです。

例えば、「○○をすると、△△という効果を得られます!」という話し方が響く人もいれば、「○○をしないと、△△という問題が起こります!」という話し方が響いて、行動する人もいます。

前者は、「売上目標を達成しよう」という話し方がより効果的、魅力的に響き、後者は「売上を下げないようにしよう」という話し方がより効果的、魅力的に響きます。これはどちらが良い悪いというものではなく、私たちは先天的な思考のタイプに2通りがあり、そのため心に響く言葉が異なるのです。

もし今、あなたが部長からの指示になんだかしっくりこなかったり、部下とのコミュニケーションに違和感を感じているなら、この思考のタイプの違いが原因の一つなのかもしれません。

心に響かせる話し方のコツ

私たちは普段、自分に響く魅力的な言葉で相手にも響かせようと、使う言葉や表現を無意識に選んで話しています。しかし、前述したように私たちは先天的に異なる2種類の思考パターンに分けられ、その割合は約半分ずつになります。

つまり、「分かりやすいだろうな」、「やる気を出して欲しいな」と思って語り掛けたとしても、50%の割合で魅力的に感じる人と、全く響かない人に分かれてしまうのです。

上司や部下、顧客など、誰にでも響く効果的な話し方を身に付けるためには、いつも相手がどんな言葉を使っていのかを観察し、その話し方に違和感があったとしても相手に合わせて同じ話し方を敢えて取り入れるのです。

視点を自分から相手に移す。相手と同じ言葉を使い、同じ表現を使う。

たったこれだけで、あなたの予想以上に心に響く話し方になります。そして、これをビジネスで活用することで、年齢差に関わらず誰とでも有効なコミュニケーションを取れるようになるのです。

実践的に活用するための4つのステップ

効果的な話し方を実践するためのステップをまとめると以下の通りです。
1.相手の行動と言葉を観察する。
2.どちらのタイプなのかを推測する。
3.自分と同じタイプなら普段通りの話し方をする。
4.自分と違うタイプなら、相手が使っている言葉を借りて話し掛ける。

今回ご紹介した話し方のコツをマスターするためのポイントは、アメリカで開発されたNLP(神経言語プログラミング)の進化系にあたるLABプロファイル(言語と行動のプロファイル)の一部を活用しています。LABプロファイルをより詳細に知りたい方は『「影響言語」で人を動かす』を参照ください。

まとめ

自分に響いた言葉は万人に響くと思い、その言葉を使って万人に話しかけるのが一般的だと思います。ですが、実は私たちの思考は2つのパターンに分かれていて、響く言葉も2通りに分けられるのです。

自分には響かない言葉でも、その言葉だからこそ心に響く人もいます。この認識を持ち、意識的に2通りの話し方を織り交ぜることで、どんなビジネスシーンでも活用できる万人に響く効果的な話し方をぜひ実践されてください。

About 澤田 りよ

ONは仕事、OFFは投資 ダブルで一生稼げる私になる 人生マネジメント塾主宰、人生デザインアカデミー協会認定講師。輸出入代行・海外展開コンサル事業コマビズ代表。 「今まで培ってきて知識を活かし、人々の経済的自立を支援する」というミッションのもと、東京と大阪の2都市を中心に活動している。 趣味はマラソンと登山。お酒も好きで大衆酒場からバーまで、どこでも馴染める。

カテゴリー

キャリアデザイン戦略