言葉にできるは武器になる(梅田 悟司)【書評】

何かを伝えたい!と思って話し始めたのに、途中で自分が何を話してるのか、分からなくなってしまった、なんてことはありませんか?

どうしたら人にうまく伝えられるのか、自分の頭の中にあるものを、言葉にするにはどうしたらいいのか?その問題に対する、解決策を提示してているのが本書です。

著者について

梅田 悟司 

1979年生まれ。大学院在学中にレコード会社を起業後、電通へ入社。マーケティングプランナーを経て、コピーライターとして活躍。直近の有名な仕事は、ジョージア「世界は誰かの仕事でできている。」アルバイト情報誌「バイトするなら、タウンワーク。」などがある。

本書『「言葉にできる」は武器になる。』は30万部を超えるベストセラーとなった。

この本から何が得られるのか?

本書は、本屋に行くとよく見かける、日々の会話力の向上や、雑談力を上げる方法とは、一線を画す一冊です。

「一生モノの言葉にできる力」と伝えている通り、この能力は、一朝一夕に手に入るモノではありません。トレーニングを重ねることで段々と、自分の中から言葉が溢れてくるようになる、その方法が具体的に示されています。

自分の思いを人に伝えたい。言葉が詰まる、スラスラ出てこない、などのお悩みを抱えている方にとっては必見の1冊です。

一生モノの言葉にできる力を手に入れる

言葉には「内なる言葉」と「外なる言葉」の2種類がある

思っていることを自在に話す術を得たとしても、「何だか嘘っぽい」「口先だけな気がする」という印象をもたれる人と、言葉は少なくても「この人のことは信用できる」「なんだか惹かれる」という印象をもたれる人がいます。

この2人の違いを生み出しているものは何なのか?

それが「内なる言葉」と「外なる言葉」です。

「内なる言葉」とは、

”無意識のうちに頭に浮かぶ感情や、自分自身と会話することで、考えを深めるために用いている言葉”

つまり、自己対話の中で培われる、言葉のことを指しています。

「外なる言葉」とは、

”自分の意見や思いに、言葉という形を与えたもので、(略)相手との意思疎通を行う道具である” 

つまり、私たちが一般的に使っている「言葉」そのものを指しています。

言葉の重みは、内なる言葉と向き合うことによって、自らの思考をいかに広げ、深められたかによって変わっています。気持ちと言葉が一致していなければ、相手に伝わる言葉は出てきません。

言葉が「グサッと」刺さる人と、そうでない人との違いとは、その人自身の想いの深さや、広さにあるのですね。

人に伝えるためには「内なる言葉」を育てる必要がある

では、「内なる言葉」を深めるには、どうしたら良いのでしょうか。

本書ではかなり詳細に、内なる言葉を育てるステップについて記載があるのですが、本書評では細かい説明を省き、簡潔にお伝えしていきます。

ステップ1 自分が思ったことを紙に書き出して、自分と「切り離す」

ここでの「思ったこと」とは、自分の思考を深めたいテーマのことで、本書では、

「自分が一番大事にしているものは何か」

「今後、どう成長していきたいか」

などが紹介されています。

私自身は「この仕事を行うことは自分にとってどのような意味があるのか?」といったテーマについて、考えてみました。

テーマに対して、A4の紙に自分が思いついたことを、ひとつずつ書いていきます。書き出す目安は「頭が空っぽになる」までです。A4用紙1枚につき、ひとつの考えを書いていきます。

先ほどの「この仕事を行うことは自分にとってどのような意味があるのか?」という例であれば、このように記載していきます。

・自己実現の手段のひとつ

・キャリアを伸ばすため

・自分らしく生きる

ステップ2 「T字型思考法」で自分の思考の解像度を上げる

ステップ1にて書き出した言葉について、「なぜ」「それで」「本当に」という質問を投げて深掘りをしていきます。

「なぜ」  :なぜ自分がそのように考えるのか、自分の考えをより深めていくための質問

「それで」 :それで結局何が言いたいのか、考えを前に進めるための質問

「本当に?」:自分が考えていることに対して疑問を投げかけ、本心から思っているのかを確かめるための質問

「自己実現の手段のひとつ」という答えに対して「それで?」と質問を与えてます。

私の場合だと、「スキルを伸ばして更に、自己実現を拡大させていく」という答えが出てきました。

このようにして思考を深めていくと、頭の中で考えていた想いの「解像度」が上がり、より正確に自分の思いを把握できるようになっていきます。

”気持ちをはっきり認識できた時、言葉は自然と強くなる” とあるのですが、自分は仕事を単なる「労働」だとは考えておらず、今の仕事を通して更なる自己実現と、スキルを伸ばすことを兼ねている、と理解できるようになってきます。

「解像度」とはイラストにすると、このように表現されます。質問を投げかけることで、解像が上がっていくのが実感できるかと思います。

ステップ3 同じ仲間を分類(グルーピング)する

ステップ1、2で書いた紙を、同じ仲間同士に分類します。分類する時のコツとしては、客観的な視点を持って行い、3回は見直しをする、とのことです。

分類が終わったら、そのグループに名前をつけます。名前を与えることで、思考をより明確化することができます。

ステップ4 足りない箇所に気づき、埋める

先ほど例に挙げたテーマ「この仕事を行うことは自分にとってどのような意味があるのか?」であれば、「自分がどう在りたいか」といった答えが多いとわかりました。それならば、「その仕事を受け取った相手はどうなのか」といった箇所について考えていきます。

こうすることで、偏った思考から相手、会社、社会にどのように貢献できるか、思考の幅が一気に広がっていきます。

ステップ5 時間を置いて、きちんと寝かせる

ステップ1〜4までが完了したら、一旦時間を置きます。これは、自分の視野が狭くなってしまう事を避け、冷静な目線で新たに自分の思考を見つめ直すためです。時間を置く目安としては、2〜3日程度が良いとのことです。

2〜3日経過したら、2回目に取りかかります。1回目はステップ1〜4を、2回目はステップ6〜7を行い、2回で1セットとして考えていきます。

ステップ6 真逆を考える<逆転の発想>

真逆を考えるとは「自分の常識や先入観から抜け出す」ためで、強制的に別の世界へと、考えを広げていきます。

では実際に、真逆を考えるとは何なのでしょうか?

①否定としての真逆 できる  ⇆ できない、  やりたい ⇆ やりたくない

②意味としての真逆 やりたい ⇆ やらなければならない、  希望 ⇆ 不安

③人称としての真逆 私 ⇆ 相手 ⇆ 第三者、  主観 ⇆ 客観

ここでもやはり手を動かし、書き出すことで、内なる言葉を磨くトレーニングをしていきます。

ステップ7 違う人の視点から考える<複眼思考>

ステップ7は特定の誰かを思い浮かべ、その人になりきって、「その人だったら、どのように考えるか」を想定してみます。想像力を働かせ、自分の視点にない複眼的な視点で、物事を捉えられるようになっていきます。

この複眼思考を行うことで、自分自身の内なる言葉に、自分以外の内なる言葉が付加され、より広く物事を考えられるようになっていくそうです。

実際にやってみて

全てのステップを実際にやってみて、正直とても時間がかかりました。全部で4時間くらいかかったでしょうか?その代わり、自分の中での内なる言葉は深みを増し、解像度が上がった実感がありました。

一度実行してみると、日常生活の中でも、自分がなぜそのように考えるのか?あの人ならどうやって考えるか?などの質問が自分の頭に浮かんでくる機会が増えました。

私は、そうやって自分に質問したテーマに沿って、人に伝えることを意識して、独り言のように話しながら歩く、という事をこの1ヶ月間続けています。

頭の中だけで考え続けると、どうしても言葉が断片的になり、単語だけは出てくるけれど、うまく話すことができません。続けることで、少しずつ、自分の言いたいことが、話せるようになってきた気がします。

私が言葉にしたい理由

これからは、より一層「個」が立つ時代になると私は考えています。その中で、自分の思いを人に伝えられる能力は、益々重要なスキルになってきます。

自分の思いを伝える機会が増えたとしても、私が避けたいと思ったのは、キレイに言葉だけを並べて、宙を舞うような話になっていないか、ということでした。素敵な言葉を話しても、相手に伝わらない言葉を発したくない、と思っていました。

本書は、私にとって「相手に伝わらない言葉」とは何なのかを、具体的に説明してくれるものでした。この本に出逢い、言葉を強くするには「内なる言葉」を育てることが重要であることが分かりました。そして、書評として皆さんに共有することで、筆者の考えが深く理解できたことに、非常に感謝しています。

その人が語る言葉が、「本心」「本音」であり、深い思考の上にあるとき、より多くの人に伝わる話ができるのだと思います。

私は本書で学んだ「内なる言葉」を育て、人に伝える力を伸ばし、ミッションに生きていきたいと思います。

まとめ

筆者の言葉は、ひとつ一つに力がみなぎっています。活字からでもそれが伝わってくるということは、普段から内なる言葉を育てることに、力を注いている証なのだと感じました。

簡単に培われる力ではなさそうですが、人に伝わる言葉を話したい、と思われている皆さんは、ぜひ挑戦してみてください。

Amazonリンク

アバター

About 仲川 佳乃

人生デザイン構築学校®︎ 一般社団法人人生デザインアカデミー協会®︎認定  人生デザインコーチ®︎ 講師 仲川佳乃

カテゴリー

その他