ストレングスファインダーファン必見!適職探しにも活用できるドクターディマティーニの価値観ワークとは?

自己分析をしようと考えたことのある方なら「ストレングスファインダー」というテストの名前は耳にしたことはあるのではないでしょうか?

書籍を買って、ネット上のテストを実際にやってみた、という方も多いのではないかと思います。

私ももちろんその1人ですが、かなりの量の質問に答えた結果、確かに的を得てるな~と思う結果を得ることができました。タイプ別分析というのは色んなテストがありますが、ストレングスファインダーについては、恐らくかなりの数のタイプが用意されてるようで、より自分に近い結果だと感じられたので、ファンが多いのも頷けます。

ただ、それでも「タイプ別」のテストではあるため、その結果自体は抽象的な表現も多く、私自身はそれを具体的に自分の人生にどう活かすか?ということまでは落とし込めませんでした。

特に個人で起業を考え始めてからは、ストレングスファインダー含め、様々な自己分析を試してみましたが、具体的に自分の起業コンセプト作成に結びついたのは、ドクターディマティーニの「価値観ワーク(バリューファクター)」というものでした。

ドクターディマティーニという、人間行動学の権威、且つ宇宙工学や量子力学など様々な学問に精通しているというものすごい実績の持ち主が開発した「価値観ワーク(バリューファクター)」というものです。

ストレングスファインダーを実施したことのある方は、自己分析に興味がある方が多いと思いますので、より個人的な言葉で結果が出る価値観ワークも楽しめるのではないかと思います!

この価値観ワークのどんな点がストレングスファインダーなど、タイプ別で結果が出てくる自己分析テストと違うのか、どんなことがわかるのか、についてご紹介していきます!

1.ドクターディマティーニの価値観ワークの特徴とは?

1-1:質問数はたったの13問!

自己分析のテストというと、とても簡易なものから、非常に数が多いものまで様々です。一般的には、質問数が多ければ、よりその人について多くの情報が得られるので、結果も詳細になる傾向があります。

ところが、ドクターディマティーニの価値観のワークの質問は、たったの13問!です。

13問という少ない質問数で、より個人的な結果が出せるその秘訣は、その人の「顕在意識」ではなく、「潜在意識」にアプローチした質問であるからです。

人は、顕在意識にあることを考えたり、話したりすることができますが、潜在意識にあることまではなかなか認識できません。しかし、その人の行動には、必ずその人の潜在意識にある欲求が現れています。

13問の質問は、その人の「考え」ではなく、「行動」にフォーカスを当てたものになっているため、13問という少ない質問であっても、よりその人の真相に近い個別の結果を出すことができる仕組みになっています。

1-2:日常生活を送っている人ならだれでも回答できる

質問の内容は、非常にシンプルで簡単な質問です。

答えるのに時間をかけて考えるような質問はなく、通常に日常生活を送っている人であれば、誰でも答えられる質問になっています。

ただし、自分が普段何気なくしている行動に焦点を当てる質問となっているので、普段の自分の行動を思い出すのに少し時間がかかることはあるかもしれません。

それでも、回答自体は数分で出していただくことができるかと思いますので、気軽な気持ちで試してみることができます。

2.ドクターディマティーニの価値観ワークで分かること

2-1:自分が一番大切に思っていること=最高の価値観

このワークで分かることは、自分が本当は何を一番大切と思っているのか?ということです。その一番大切と思っていることを、「最高の価値観」と呼んでいます。

顕在意識で大切、と思っていることは、往々にして、実は自分が大切に思っているものではなく、他人(もしくは社会)が大切に思っているものだったりします。

例えば、「家族が大切だ」と思っているはずなのに、なかなか家族との関係が良好にならない、という方は、恐らく家族を大切にする行動ができていない可能性があります。別の言い方をすると、自分の本当の価値観は別のことにあって、「家族が大切だ」というふうに思いこんでいるだけ、という可能性が高いのです。

もしくは、「家族を大切にする」ということが自分の最高の価値観だったとしても、普段とっている行動の目的が、「誰かから認められること」のほうが多くなっている、という可能性もあります。

いずれにせよ、13問の質問に答えていくことで、今自分は何を目指して行動しているのか、ということがわかり、それが、自分でも気付いていない自分の最高の価値観を結果として教えてくれます。

そして、その回答のプロセスでは、自分自身の言葉を使って出していくため、ストレングスファインダーのようなタイプ別のテストとは違い、「自分の言葉」で、最高の価値観を特定することができるのです。

自分の言葉で出していくということは、他の誰とも被ることのない、「自分独自」の価値観が出てくるということになります。

2-2:自分独自の価値観である理由もわかる

13問の質問で出てきた答えが、本当に自分の価値観なのかどうかを確認するために、この価値観のワークには、追加でもう1問質問が出てきます。

過去、特に幼少期に特定して、自分が持った欠落感(なくて嫌だったもの)を見ていくような質問です。

この質問の回答に答えていくと、なぜ自分が、その自分独自の価値観を持つことになったのか、という理由が明確にわかります。

このワークを受けたほとんどの方が、「だからこれを大切だと思っていたのか」と深く納得されます。

そして何より、過去の欠落感に対して、感謝すらできるようになるという、大きなオマケ付きです。実際、この過去に感謝できるようになる点が、価値観がわかるよりも良かった、というお声をいただくこともあります。

2-3:ワーク実施の過程で、人生のミッションまで見えてくる

そして更に、このワークに回答していく過程で、自分から同じ言葉が繰り返し出てくる方が多いのですが、そこから、自分の最高の価値観だけではなく、人生のミッションまで見えてくる方もたくさんいらっしゃいます。

人生のミッションとは、何か達成可能な目標とは違い、人生でずーっと目指していく北極星のようなものです。そして、自分の最高の価値観を満たしながら進んでいける北極星でもあります。

このミッションが分かることで、人生への迷いがなくなり、自分が何をすれば良いかが分かるので、毎日が自分の価値観で満たされ、本当に充実した人生を送ることができるようになります。

3.価値観ワークを今すぐ実施する方法

3-1:自分で実施する

ここまで読んでいただいた方は、価値観ワークを是非やってみたい!と思われるかと思いますが、まずはご自身で実施されてみることをお勧めします。

まず、自分自身で実施される場合、その価値観ワークの質問全てと、そのやり方を解説しているメール講座がありますので、まずはこちら↓に登録して実施してみてください。

もちろん、登録も、ワークのダウンロードなども全て無料で実施いただけます。

3-2:サポートしてもらいながら実施する

一度ご自身で実施いただいて、なかなか答えが出てこない、自分の言葉でまとめられない、という方もいらっしゃいます。

その場合は、このワークを使って人生をデザインする方法を教えている、人生デザイン構築学校®の認定講師が、有料にてお手伝いをしています。

自分だけでは見えてこなかった新たな視点に気付かされることも多く、一度出せばその後も一生自分の財産となるため、転職や起業など、新たな一歩を踏み出されようとされている方には特にお勧めです。

まとめ

ドクターディマティーニの価値観ワークは、ストレングスファインダーなどのタイプ別の自己分析から、更に自分独自の言葉に落とし込んで自分を理解することができるワークです。

自分独自の価値観や、人生のミッションを知りたいという方は、是非一度試してみられることをお勧めします。

自分のことを自分の言葉で理解することは、潜在意識と顕在意識が統合されることになるので、ものすごいパワーが出てくることに繋がります。

今年も残すところ後3カ月となりました。

そろそろ来年の計画を考える時期が近づいてきましたが、自分の最高の価値観に沿った計画を立てる材料として、ドクターディマティーニの価値観ワークを是非ご活用ください!

松野 麻由子

About 松野 麻由子

「自分が自分であって良い」という自分に根ざした感覚を一緒に探求し、本来の自分がチャレンジしたい人生を生きるためのサポートをするライフコーチ。人生デザインアカデミー協会®認定コーチ、兼「本来の自分を生きる」ための教育を施す北欧教育をベースとしたグローバル教育アドバイザー。 本来の自分を科学的なメソッドで思い出し、本来の自分を生きるためのキャリア設計と家族の良好な関係を構築するサポートをしています。

カテゴリー

人生デザイン戦略