最高の自分を生きたいあなたへのヒント その5

こんにちは! ミッション・ミッケ人生デザイン研究所、研究員の花井です。
2016年も残すところ、あと1日となりましたね。
今年最後のブログは、最高の自分を生るヒント、その5です。
最高の自分を生きたいあなたへのヒント その5は… 今、この瞬間に意識を向ける。
大晦日の今日、あなたは、今年を振り返り、何を感じていますか。目標は達成できましたか。
365日、毎日を充実して過ごす事が出来ましたか? どのように過ごしても、時は同じように、全ての人に平等に過ぎていきます。その一瞬を全て意識して生きることはまず、不可能というもの。でも時々は今、この瞬間に存在している自分に、意識を向ける時間を取り、自分の内側と向き合うことがとても重要ですよね。
毎日、決まった時間に瞑想を行う事が、思考を止めて、自分自身を中庸に戻すのにとても役立ちますが、それが難しい場合は、ただ、今この瞬間に意識を向けるだけでも、心の状態が違ってきます。
毎日少しの時間を取って、習慣にしたら、人生がガラリと変わる3つのポイントをお知らせします。
 

静けさの中にいる時間を取る

新年の目標を立てるにも、自分の心を落ち着かせ、心の中をしっかり見つめたいものです。
自分の目で、自分の価値観で何を行いたいのか、どこに向かいたいのかを自分に問い、確認し、まっすぐ向かって行かれる目標を設定すれば、自ずとそこに向かう行動が取りやすくなり、喜びを感じることができるようになります。楽しくなります。
その為には、他人と比べずに、自分目線で物事を考え、自分の本心に気づく必要がありますね。いわゆる、しなければいけないから、するべきだから、という他人目線ではなく、きちんと自分で自分の意思を持って、自分が創る未来を選択し、実行する覚悟を持って目標を立てることが必要です。
自分と向き合える静かな時間を持つ習慣がつくと、心は穏やかに静かになり、自分を客観的に見られるようになってきます。大切な事を決めるときだけでなく、日常的に、静けさの中に身を置いてみましょう。
 

あなたの幸せを探す時間を取る

私たちは、とかく、持っていない物、出来なかった事、嫌な事に心が向かいがちです。
2016年、年頭に立てた目標が達成できなかったとします。今、新たに目標設定するにあたり、今年達成できなかった事に気持ちが向かい過ぎていませんか? 出来なかった事ばかりではなかった筈です。出来なかった事、うまく行かなかった事には必ず理由がありますので、判断批判をせずに、それらを、一つの出来事として捉え、原因を分析してみる。そして次は成功するよう、戦略を練ってやり直せば良いのです。
同時に、達成した事、嬉しかった事、満足した事、有り難かった事、幸運に感じられた事も、たくさんあったのではありませんか?思い出し、味わいましょう。あなたを満足させた、喜ばせた出来事は?
あなたが、今現在持っているものは?満たされていることは?あなたが幸せと感じる事は?
幸せを感じるその時に、あなたはどのように感じるのでしょうか。
 

 感謝の気持ちを見つける時間を取る

どんな小さなことでも良いので、あなたが感謝できることを探して見て下さい。
暖かい部屋で、今年の出来事を振り返っている事、元気に大晦日を迎えている事、全力を注げる仕事があった事、働く場所がある事、子供が元気、風邪がお正月までに回復した、ああ〜良かったと思える事。今、それらを感じて下さい。
見つけられなくても、ずっと考えていけば必ず、あなたの心の奥から、ジワーと湧き出てくるような、温かい優しい感謝の気持ちに出会えます。だから諦めないで続けて見て下さい。初めのうちは比較すると見つけやすいかも。そのうちに、誰かや何かと、比べる必要がない事、皆それぞれである事に気づいてきます。
一度見つかると、とめどなくどんどん、見つかって、感謝の気持ちでいっぱいになります。
必ずそうなります。
 

まとめ

最高の自分を生きる為に ほんの少しの時間を今この瞬間のあなたに割いて、あなたに寄り添って、あなたを観察して見ましょう。時には、あなたの内側深くを見つめ、ある時は俯瞰し、客観的に眺める。感情も、感じ方も一刻一刻と変化していくものです。
あなた自身を、静けさの中に置き、あなたが幸せに感じる事を研究して見て下さい。そして、感謝の気持ちを込めて今、この瞬間に在るあなたの存在を感じて下さい。
今年がどんな年であったとしても、一つ確かなことは、あなたは今、ここにいて、大丈夫ということ。目標が達成出来ても出来なくても、過ぎたことは過ぎたこと、今、この瞬間にあなたが、何を選択するかで未来が決まります。なので、望む未来にあなたを導く問いを投げかけて、一緒に、輝く2017年を創造していきましょう。
これまで、読んでいただきありがとうございました。
来る年が、あなたにとってかけがえのない素晴らしい一年となりますように、どうぞ良いお年をお迎えください。


カテゴリー

人生デザイン戦略