仕事ができる人のコミュニケーション術を公開します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こんにちは。ミッション・ミッケ人生デザイン研究所、研究員の井上翔太です。

今日は前回に引き続き、「仕事ができる」人の特性についてお話ししたいと思います。

仕事をする上では、周りの人とコミュニケーションをすることは欠かせません。個人の能力もさることながら、周りの人とのコミュニケーションの質が高い人ほど良い成果を出している、つまり仕事ができる人と呼ばれています。

では、仕事ができる人はどのようなコミュニケーション術を使っているのでしょうか。いくつかの記事を紹介しながら伝えていきたいと思います。

仕事ができる人は自分を大切にしている

質の高いコミュニケーション、と聞くと相手への思いやり・配慮、共感、傾聴など、相手に心地良くなってもらうようなスタイルを連想するかもしれません。それはそれで必要なのですが、実は仕事ができる人というのは、相手を考える前に、まず自分のことを何より大切にしています。一見自分勝手にも思えるような状態ですが、これがコミュニケーションの質を高める1歩になります。

仕事ができる人は「正しく伝わらないのは当たり前」と思っている

他人とコミュニケーションを取る中のストレスの1つに、お互いの考えを共有できない、伝えたいことが伝わらない・理解してもらえない、ということがあると思います。「だからそうじゃなくってさ、、、」「〇〇って指示しなかった?」というような状態です。それが続くと、理解できない相手に非があるようなスタンスになってしまうこともあるかもしれません。

しかし仕事ができる人は、コミュニケーションの仕組みを理解しているため、そんな状況でも冷静に対処し、正しく考えを共有することに成功しています。では、そのコミュニケーションの仕組みとは一体何なのでしょうか?

仕事ができる人はアドバイスをしない

コミュニケーションの目的の一つに、良いアドバイスをして相手に良い影響を与える、ということもあると思います。特に管理職やリーダー的な立ち位置の人に、そのような傾向が強いかもしれません。しかし、そのアドバイスが思うように相手に響かない、もしくは的外れだった、そのような経験は無いでしょうか?

相手に良い影響を与えるには、アドバイスを与える以外に強力な方法があります。仕事ができる人が自然と使っているその方法を、こちらで詳しく説明しています。。


仕事ができる人はお互いの価値観を満たす

そして最後にお伝えするのが、目指すべきコミュニケーションの形であり、自分の心のステートです。それは「相手も立てて自分も立つ」ということです。特に日本人は、自己犠牲という観念が美徳として扱われる傾向があるため、「自分を犠牲にして相手を立てる」ということをしてしまいがちです。それは、短い目で見れば良い結果を生むことも可能ですが、バランスが崩れた状態のため、長期的に見ると必ずどこかでひずみが生じます。

長期にわたり成果を出し、仕事ができる人と認知されるためには、常にこの「相手も立てて自分も立つ」のステートでコミュニケーションに臨まなければなりません。その方法を以下の記事で説明しています。

まとめ

仕事ができる人になるための、コミュニケーションの極意は、

・何よりもまずは、自分を大切にする。
・正しく伝わらないのは当たり前。相手の地図に合わせて話す。
・アドバイスよりも気付かせてあげることにフォーカスする。
・相手も立てて自分も立つ

の4つです。

時系列の流れに置き換えると、自分自身を最高の状態にする→コミュニケーションの仕組みを理解した言動をする→相手に何を“与える”のかを意識する→最高の結果を目指す、というプロセスを踏むことです。これが質の良いコミュニケーションを生み出し、仕事ができる状態へと進化・成長させてくれるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

1年半で1677名の人生を劇的に変えた 『才能を輝かせて幸せに収入と資産を増やす技術』 30日間無料オンラインコーチングセミナー

今すぐ登録!
Copyright 2017 ミッション・ミッケ人生デザイン研究所