あなたの夢を叶える、3つの秘訣とは…。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こんにちは!
ミッション・ミッケ人生デザイン研究所、研究員の石部です。

突然ですが、あなたの『夢』は、なんですか?

大人になると、なかなか『夢』って言葉を使う機会は減ってきますし、特にサラリーマン生活をしていると、
「そんなこと、いきなり言われてもなあ~(^-^;」
って方が多いかも知れませんね。

男性であれば、もしかしたら『夢』という言葉を、『目標』と言い換えた方がしっくりくるかもしれません。

子どもの頃の夢、大人になってからの夢。

『夢』という言葉には、ちょっとためらいがあるかもしれませんが、人生のその時どきのステージで、みんな『夢』を持っているものです。

その『夢』が大きいか小さいか、難しいか簡単か、いろんな尺度で表現できますが、それぞれの『夢』はその人だからこそ持てる、自分だけの大切な夢です。

そんな『夢』を叶える秘訣があるなら、知りたいとおもいませんか?

一緒に、確認してみましょう。

(1)遠くの夢から描く。

ここに、あなたの夢があるとしましょう。

その夢は、どんな夢ですか?
その夢は、いつ頃叶えたい夢ですか?
それが出来たら、もう大満足!というものですか?

どんな夢でも、1つ叶えたら、また次の夢が生まれてきます。

じゃあ、もっと遠くの夢はどうでしょう?
達成まで、時間が掛かりそうですか?
道のりは、長くて遠いものですか?

スティーブン・R・コヴィー著の有名な『七つの習慣』にも、
第2の習慣に『終わりを思い描くことから始める』という言葉があります。

叶えたい夢があるなら、思いっきり遠くの夢を思い描くことから、始めてみましょう。

人生の最後に、こんなことが出来たら、こんな場面に遭遇出来たら、こんな自分になれたら、世の中にこんな貢献が出来たら、最高だなあ~!という未来を思い描いてくださいね。

(2)ありありとイメージする。

思い描く際には、『ありありとイメージする』といいですね。

ときどき、「イメージするというのは、『想像する』ということですか?」という質問もいただきます。
もちろん、『想像する』ということなんですが、もう一歩踏み込んで、『その場面に立ち会う』くらいの気持ちで、思いっきり体験できるといいです。

「未来がこうなるといいなあ」というよりも、「思い描いた未来に今、やってきている」くらいの勢いですね。

『思考は現実化する』というナボレオン・ヒルの名著がありますが、ここにも『具体化する』というキーワードがありますね。

具体的な未来をイメージすると、頭の中の潜在意識(無意識)の部分は、イメージした具体的な未来を経験しているので、その未来に向かおうとします。

脳の中では、RAS(Reticular activating system)が働き始めるので、思い描いた未来に関連することを、どんどんキャッチするようになるのです。

ここには、あなたの努力は必要ありません。
ありありと、『夢を叶えた自分』をイメージする。それだけです。

(3)今できる一歩を踏み出す。

夢は、思い描いただけで達成する、訳ではないですね。
思い描いた『夢』に向かって、今できる『一歩』を踏み出すことが重要です。

この一歩は、小さい一歩かもしれないですが、少々勇気が必要です。
でも、えいやっ、と踏み出す。
これが重要なんですね。

今日、一歩踏み出せた人と、踏み出せなかった人。
明日、ようやく踏み出せた人と、やっぱり踏み出せなかった人。
気付けば、自転車に乗れた人と、まだ補助輪を外せない人の差になってしまうんです。

「難しい」「出来ない」にフォーカスせずに、「どのようにしたら出来るかな?」の方向を向いてくださいね。

この一歩を、えいやっ、と踏み出すと、誰かがしっかり支えてくれていることに気付きます。
支援があるんですね。

勇気をもって踏み出した一歩には、必ず支援がある。
このことを信じることができるようになれば、自信をもって前に進むことができますね。

まとめ

あなたは今、
遠くの夢に向かって、
夢を叶えた自分をイメージして、
一歩を踏み出しています。

えいやっ、と踏み出してみてください。
必要な支援がやってきますよ。

あなたの大切な『夢』を、叶えてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

1年半で1677名の人生を劇的に変えた 『才能を輝かせて幸せに収入と資産を増やす技術』 30日間無料オンラインコーチングセミナー

今すぐ登録!
Copyright 2017 ミッション・ミッケ人生デザイン研究所