人生デザイン構築学校®︎9期 卒業おめでとうございます!

2月20日、人生デザイン構築学校®︎9期の卒業式を行いました。今期は、「面で」(全員で)、過去最高の進化成長・自己変容を遂げたと、自他ともに認める期となりました。

皆さんお一人お一人、素晴らしい才能と可能性をお持ちなのですが、入学いただいた時には、人生の方向性に迷っていたり、人生の挫折を味わって落胆していたり、思いと行動が噛み合わずに空回りしてしまったり、単純に才能を発揮する舞台に恵まれなかったり・・・
『自分を120%生かしきれていない!』
『いつも同じ課題がやってきて、課題解決にエネルギーを費やして日が過ぎていく・・・』
『自分はもっとできるはず、貢献しているはずだが、周りに正当に評価されていない!』
などとモヤモヤを感じている状態でした。

それがまずは、
・同じ仕事を同じようにしているけれど、毎日『幸せに』生きる人生になり、仕事の生産性とクオリティが上がったり、
・不安と恐怖からではなく愛と感謝から生きる毎日になって穏やかな『心の安寧』が得られたり、
・外側の評価や反応、情報にブレずに自分への確信(自己肯定感)が
高まったり、
・完璧主義からの落ち込み癖が解消されたり。
といった内面の変化が起きました。

そして次に、内面の変化が外側の世界に反映されて、
・価値観に合った才能を120%発揮できるチャンスが訪れたり、
・長年の課題が解決できたり、
・積年の怒りが消えたり、
・会社で抜擢されて活躍できる舞台が出てきたり、
・人間関係や何十年と続いていた家族関係の悩みが解決したり。

結果として、ほとんどの方が受講中に、それぞれの「望む人生に舵を切った」形となりました。

受講中にクオンタムジャンプを体験した人の割合が最多だったことに加えて、一人一人のビフォーアフターの違いが、過去最高に高かったと感じています。

この成果をもたらした要因は、彼らが取り組んだ「ワーク」の量が格段に多かったことです。こちらからお伝えしたワークは種類も量もこれまでと同じですが、多くの人が事あるごとに、自主的にワークに取り組んでいました。

取り組んだワークは、
・価値観・独自の才能・ミッションを明確にするワーク
・中庸思考®︎を習得するワーク
・それぞれの認知の偏りを解消するワーク
この3つだけです。
(2番目と3番目は、それぞれケースに応じて何十種類もあります。)

価値観と才能、ミッションの言語化は必須ですが、その後の進化成長度合いは、今の認知の偏りにどれくらい気づけるかにかかってきます。自分に向き合う量が多いほど、認知の偏りに気づくことができ、認知の修正度合いが高ければ、中庸思考®︎の習得度合いが高くなります。

さらに、中庸思考®︎の習得度合いが自己変容・成長度合いを決め、自己変容・成長度合いが外側の世界の変容度合いを決めます。なので、今の自分が持つ認知の偏りを受け止められる謙虚さがあるかどうかが鍵になります。

9期の皆さんはこの謙虚さを持ち、外側で問題が起こったら、自分の認知の偏りと受け止め、すぐにワークに取り掛かり、偏りが消えるまで徹底して行っていました。なので、外側の問題がもはや問題でなくなり、どんどん行動できたり、現実界が自分が活躍できるように展開していったり、資産が安定して増えていくような行動ができるようになっていきました。

9期の皆さんのお陰で、人間の可能性は無限大、どの方向にも上限がないということを、改めて認識させていただきました。ありがとうございます。

そして、新たな自分で、新たな人生への門出、おめでとうございます。

About 澤田りよ

人生デザインアカデミー協会®マスター認定講師 Drディマティーニ バリューファクター®︎公認ファシリテーター 「ONは仕事、OFFは投資、ダブルで稼ぐ人生マネジメント塾」主宰 おうえんを文化に「おうえんフェス」副代表 『良質な知識で人生を豊かにする』というミッションのもと、自分の隠れた魅力・才能を活かしながら、資産もちゃっかり築きたい方を支援しています。