周辺視野

周辺視野が広いということは、干渉することなく観察することに近づく第一歩でもあります。物事は、観察されることによって干渉され、そのもの真の姿が変化させられてしまう、という性質があります。