あなた自身でいることで、社会に貢献する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こんにちは!(株)ミッション・ミッケ人生デザイン研究所、所長の高衣紗彩です。

今日は、とても寒くなりました。体調を崩されている方も多いようです。体調が崩れる予兆がしたら、その日は、予定を変更してさっさと撤退しましょう。予兆を無視し、薬を飲んだりして頑張ると、2、3日後に本格的に熱を出したり寝込んだり。そんな経験を持つ方も、少なくないと思います。

少しくらっと感じたら、少し熱っぽく感じたら、少し頭の働きが鈍くなったと感じたら、どうしても変更できないものだけ残して、あとは全て明日に回して、撤退しましょう。そして、さっさと寝ます。

寝る前に、しょうが湯を飲んだり、暖かいお風呂で長い間じーっとしたりして汗をかき、循環を良くすることをするのも有効です。循環を良くすることで、ウイルスなどは悪さをする前に体外に出すことができます。

とにかく、具合が悪くなったら、最初の兆候が出たらすぐ、循環を良くすることをして、寝る。

・・・と今でこそ、こんなことを言っていますが、かくいう私も、会社員の頃は、「働きながら治す」口でした。体調不良の予兆などは、見て見ぬふり。熱が出ても、測らないで、気づかないふり。気合いと根性で風邪や病気は治る、いえ、病気にはならない、と思っていました。体調を崩す自分など、受け入れられなかったのです。

病気になるカラクリ

受け入れたくない自分のことは、無視をする。それは、自分の体の声、心の声を無視していることになります。当時、私の怒りのボタンは、誰かに軽く扱われること、スルーされること、でした。

自分が自分をスルーしている。
だから、周りも自分をスルーする。

自分が自分を扱うように、周りは自分を扱います。そのシンプルなカラクリに、全く気づいていませんでした。その一方で、自分は、関わる人たちの声に耳を傾け、真正面から心の全てを投じて向き合っていました。このようなアンバランスは、悲しい哉、気合いと根性では、持続できません。

この世のものは、森羅万象、全てがバランスと調和の元に成り立っています。

バランスがあって、調和があって、初めて持続することができます。そうでないものは、一時的には存在できても、いつか、破綻します。破綻とは、

1) 心が崩れる
2) 身体が崩れる

このどちらかの形で訪れます。私の場合は、それが、乳がんとなって現れました。今は、とても元気です。

自分の価値観を一番尊重して生きるー。

この考え方を知ってから、調和とバランスが取れ、自分のことをもっと活かせるようになりました。すると、自然と怒りのボタンも消え、自分自身でいることができるようになり、さらには、自分の才能がより発揮できる方向に、人生が勝手に舵を切りました。なので、今は、この考え方をより多くの人に伝えています。

自分の価値観を一番尊重して生きるとは

自分の最高の価値観を一番尊重して生きる、とは、一見、自己中心的に生きることのように聞こえますが、そうではありません。

自分の最高の価値観を一番尊重すると、自分自身の中でバランスと調和が取れてきます。自分自身の中でバランスと調和が取れると、自分の才能や強みを、何にも邪魔されることなく、ストレートに発揮することができるようになります。

先日も、こんなことがありました。月に1回、かわさきFMさんから生放送番組をお届けしていますが、開始1時間前の打ち合わせで、「さあやさんの生徒さんに電話で出ていただいたらどうだろう。」という提案をされました。「今からそんなこと、誰ができるっていうの💢。」と言った瞬間、私の脳裏に一人の受講生さんの顔が浮かびました。

「1時間後に、生放送に電話出演して」との乱暴な依頼に、なんだかわからないけど、スケジュールさえ合えば、「わかりました!」と引き受けてくれ、そつなくこなしてくれる人。その肝と度胸が座っている人。いきなり振られた質問に動じず、何を聞かれているかを瞬時に判断し、求められているドンピシャな回答をくれる人。

すかさず彼女に連絡をしました。運よく、彼女の予定は空いていて、想像通り、二つ返事で引き受けてくれ、本番もしっかりこなしてくれました。

肝と度胸、瞬時の頭の回転、なんでもそつなくこなすー。それは、彼女の「才能」であり「強み」です。それらを発揮することで、番組に色を添えてくれ、多いに貢献してくれました。それは、番組を通じて、聞いてくれていた方々にも貢献したことになります。

彼女にとっては、特段頑張ったわけではなく、ごく普通にしたこと。頑張らなくても、彼女自身でいさえすればできること、でした。

才能や強みとは、このように、頑張ったら発揮できるものではなく、自分自身でいることで、発揮されるもの。

自分自身でいさえすれば、発揮するために、モチベーションどころか、発揮しようとする意志すら、必要ありません。自然に、無意識に発揮されているもの、それが才能や強みです。このため、本人が認識していないケースが殆どです。

自分自身でいるためには

では、自分自身でいるためには、どうしたら良いのでしょうか。

自分自身でいるためには、

1) バランスと調和が取れた状態にあることが必要で、そのために、
2) 自分の最高の価値観が尊重され、満たされた状態にあることが必要です。

最高の価値観を満たそうとすることで、本来の自分自身でいることができ、才能や強みが発揮され、周囲に貢献することができる。最高の価値観に生きるとは、自己中心とは真逆の生き方であると言えます。

まとめ

あなたがあなた自身でいることで、社会に貢献する。

それが、自分の最高の価値観を尊重する、という生き方であり、その前のプレ一歩が、体の声、心の声を尊重する、ということです。私は、これに気づくのに乳がんという経験を経ましたが、皆さんは、それをする必要はありません。今ここで、私が伝えました(笑)!

自分の体の声、心の声を無視してきた人には、すぐに自分の最高の価値観を尊重するということが難しいかもしれません。自分の最高の価値観とは、心の一番奥に鎮座している、まだ声にすらなっていない声です。すでに声になっているものも無視しているのに、その奥にある声を聴くことはできません。

その場合の処方箋は、まずは、自分の体の声、心の声を尊重するように、意識を変えること。それができるようになったら、自分の最高の価値観を尊重することを目指します。それができたら、そう遠くない先に、自分自身でいる自分、才能と強みが発揮できている自分、自然と、幸せに、周囲に貢献できている自分、さらには、自分でも気づいていなかった才能が開花する可能性が広がっています。

そこを目指したいと思ったら、すぐにできる方は、自分の最高の価値観をこれまで以上に意識して尊重し、自分をスルーしてきた方は、まずは自分の声を尊重することから始めてくださいね。可能性が無限大に広がります。

愛と感謝を込めて
高衣紗彩

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

1年半で1677名の人生を劇的に変えた 『才能を輝かせて幸せに収入と資産を増やす技術』 30日間無料オンラインコーチングセミナー

今すぐ登録!
Copyright 2017 ミッション・ミッケ人生デザイン研究所