円滑な組織運営に〇〇が欠かせない3つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2018年3月15日

こんにちは。ミッション・ミッケ人生デザイン研究所 研究員の澤田りよです。

先日、日本全国1万人を巻き込んだイベントにスタッフとして関わりました。イベント規模が大きくなるので主催者はもちろん、スタッフの数も必然的に多くなります。数が多くなれば現場に主催者の意思が伝わりにくくなるかもしれません。ですが、今回のイベントでは、意思をくみ取り、スタッフが主体的にリーダーシップを発揮してイベントの準備、進行を手伝いました。

なぜこのような現象が起こったのでしょうか?それは、主催者が掲げているミッションやビジョンに共感した人が集まり、同じ方向を向いて行動できたからだと思います。

この現象はプライベートでのイベントに留まらず、会社での組織運営にもあてはめることができます。言われたことしかやらないと言われているゆとり世代の部下を持ち、悩んでいる管理職の方はたくさんいらっしゃるでしょう。このような部下にいかに自主的な行動を促し、関係者各人がそれぞれリーダーシップを発揮して行動するよう組織運営するのも、ミッションの明確化がポイントとなります。

今回は、公私問わずどんな場面でも円滑な組織運営にミッションが欠かせない3つの理由についてお伝えします。

組織運営に欠かせないリーダーシップは価値観を満たすところにある

組織運営に欠かせない力として、多くの人が「リーダーシップ」を思い浮かべるでしょう。リーダーシップとはWikipediaによると、「自己の理念や価値観に基づいて、魅力ある目標を設定し、またその実現体制を構築し、人々の意欲を高め成長させながら、課題や障害を解決する行動」とあります。
つまり、リーダーシップを発揮させるためには、自分の価値観や自己理念の明確化(言語化)が必要です。

みなさんは、自分の価値観は明確でしょうか。ここでいう価値観とは、道徳や倫理観など、頭で考えているこうしなければいけない、ということではなく、自分が心から大切にしていることです。価値観は日常生活や仕事の多くの場面での行動で現れているので、自分の行動を客観的に観察すると分かるかもしれません。詳細は無料コーチングメールや期間限定で開催している入門講座でもお伝えしているのでこちらも活用ください。

明確になった自分の最高の価値観を満たすもの、それがミッションであり人生の目標です。ミッションが明確になると、確固たる心の拠りどころ、自分軸が身に付きます。例え困難な場面に遭遇したとしても、判断がぶれることなく一貫性のある行動を取ることができます。

一貫性に基づくことでリーダーシップはより発揮され、その結果、組織運営をより円滑に行えるのです。

ミッションを外に発信する

私たち1人1人は異なる価値観やミッション持っています。このような異なった価値観を持つ複数の人をまとめて、ひとつの目標に向けて動かすためは、ミッションの共有が必要です。更に言うと、ミッションに共感する人を集めてメンバーにするのが、円滑な組織運営のポイントです。

そのためにも、リーダーや組織の上に立つ者であればあるほど、自分のミッションを外に向けて発信し続ける必要があります。そうすることで、部下や組織の人たちは、リーダーが、組織が、会社が何を求め、どこに向っているのかを安易に理解でき、目標達成に向けて彼らを自発的な行動に駆り立てることができます。

常にミッションを発信し、共有することで、指示や命令で動く外からのモチベーションが求められる組織ではなく、自発的な行動を促す自走集団を作り上げることができます。

外からの動機づけが必要な組織と、自発的な行動に溢れる組織とでは、どちらがより早く正確に目標を達成できるかは一目瞭然ですね。

ミッションがない成長は拡大ではなく膨張

ミッションに共感するメンバーを集めるというのは、起業して一緒に働く仲間を見つけたり、プライベートでの何かのイベントの組織を運営する際、特に大切になります。

ミッションが明確であればあるほど、それに共感したメンバーが自然と集まります。そして、あるミッションに共感するということは、集まったメンバーのミッションや価値観に共通点が多いということを表します。なぜなら、人は自分が持ち合わせている特性と同様のものに共感を覚える性質を備えているからです。

ミッションが共有されていない状態でただメンバーだけが増えた場合、それは組織の拡大ではなく、ただの膨張です。拡大はミッション共有され、メンバーが同じ目標に向かって自走的に動きます。一方、ミッションが共有されていない膨張は、いうなれば有象無象の集団とも言え、組織が向かう方向が統一されていないため早晩ほころびが生じます。

リーダーシップを高め円滑な組織運営をするために必要なのは特別なスキルなどではなく、いかに自分のミッションに共感するメンバーを揃え、そのミッションを共有し同じ目標に向かって行動を促すか、なのです。

まとめ

円滑な組織運営のためには特別なスキルや能力よりも、自分の価値観やミッションを明確にし、それを組織で共有することが大切と述べました。

そのポイントは
1.組織運営に欠かせないリーダーシップを発揮するには価値観、ミッションの明確化が必要
2.明確になったミッションは常に外に発信する
3.ミッションに共感するメンバーを集め、膨張ではなく拡大する組織作りをする
の3点です。

これからの時代は個々での活動よりコミュニティーでの活動が大切になると言われています。コミュニティー運営も組織運営の一つです。この記事を参照に、円滑な組織運営を目指してください。

 

『人生デザイン構築学校1日入門講座』
人生戦略会議!〜初めての人生デザイン〜
詳細の確認、お申込みは【こちら】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

1年半で1677名の人生を劇的に変えた 『才能を輝かせて幸せに収入と資産を増やす技術』 30日間無料オンラインコーチングセミナー

今すぐ登録!
Copyright 2018 ミッション・ミッケ人生デザイン研究所