資産形成の前に、自己価値感を高める

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こんにちは!ミッション・ミッケ人生デザイン研究所、研究員の澤田りよです。

もっとお金があったらな、と言う人はたくさんいますが、もらい過ぎて恐縮ですとお金の受取りを遠慮する人もいます。また、大金を手にしたのに一瞬で使い切り手元に残せない人もいます。
投資は難しいと敬遠する人がいますが、投資以前にお金を上手に使ったり受取るのも、なかなか難しいようです。それはお金と自分との関係性を上手く築けていないからです。

そこで今回は、資産形成を始める前に整えて置くべき基礎についてお伝えしたいと思います。

自分にどれだけの価値を置いていますか?

突然ですが、あなたはどれだけの収入が自分にふさわしいと思っていますか?または、どれだけの資産を持つのがふさわしいと思っていますか?

このイメージが低ければ低いほど、実際にあなたが築く資産も低くなります。逆に、自分が抱いているイメージが高ければ高いほど、実際に築く資産も高くなります。

ナポレオン・ヒルの「思考は現実化する」という有名な言葉があるように、自分が思考・認識していることのみが現実となります。年収1,000万円で十分と思えば、それ以上年収が高まる行動に意識が働きません。意識が働かないので当然行動も伴わず、現実化することもありません。逆に、年収1,000万円は通過点で、3,000万円を目指すという意識があれば、それに向って必要な行動を取るようになります。

資産形成も同じで、自分はいくらの資産を持つのにふさわしいのか、と認識している金額が高ければ高いほど、実際の資産形成でもより成果を出すことができます。

資産は自分やモノの価値の分だけ貯まる

想像してみて下さい。自分が提供しているサービスに自信を持てない、もしくは自分のサービス価値を卑下し、なかなか価格を上げられない。そういう人にお金は集まるでしょうか?

お金はそれ自体に価値があるのではなく、提供または受け取ったサービスの価値と交換するための手段です。なので、まず自ら「自分はこれだけの資産を持つに値する」という価値を認識しなかれば、その価値と交換手段であるお金は貯まりません。

例えば、1杯100万円のコーヒーがあるとして、高いと思いますか?ほとんどの方が高いと答えると思います。では、1台100万円のポルシェがあればどうでしょうか?多くの方が100万円は安いと答えると思います。価格は同じ100万円なのに、方や高いと思いかたや安いと思うのは、それぞれのモノに100万円以下、もしくは100万円以上の価値を置いているからですね。

このように、何にどれだけの価値を置いているのかでお金の使い方は簡単に変わります。よって、資産形成を始めてもなかなか上手くいかない、お金を受け取ることに抵抗感があると言う方は、ぜひ自己価値を高めてください。

「お金の正体」について更に詳しく知りたい方はこちらの記事を参照して下さい。

 

自己価値を高める行動

自己価値を高めたい、もしくは高まったと認識しているだけは足りません。実際に行動に移すことが大切です。

では、どういう行動が必要なのか。それは資産形成のための毎月の積立て貯蓄もしくは投資です。毎月の収入が入ったら、真っ先に自分のためにお金を使う(積立てる)。そうすることで、自分は資産を形成するのに値する存在なのだと、脳にインプットさせることができます。

先取り貯蓄は資産形成の上では推奨される方法ですが、このように自己価値を高める上でも効果的な方法なので是非みなさんの資産形成の手段に取り入れてみて下さい。

まとめ

最近、投資スクールがあちこちで増えたように感じます。同じ講師から等しく金融知識、投資の手法を学んでも成果が出る人となかなか成果を出せない人がいます。その違いがまさにこの、投資を始める前の基礎を整えているかどうかが深く関わっていると思います。

自己価値を高める重要性についてお伝えしましたが、自分の理想通りに資産形成をするには他にもポイントはたくさんあります。そしてそれらの多くはキャリア形成にも深く関わっています。

人生デザイン構築学校ではそれらを体系立ててより詳細に学ぶのですが、そのメソッドを1日で習得できる1日集中講座も実施しています。ぜひご活用下さい。

人生構築デザインメソッド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

1年半で1677名の人生を劇的に変えた 『才能を輝かせて幸せに収入と資産を増やす技術』 30日間無料オンラインコーチングセミナー

今すぐ登録!
Copyright 2017 ミッション・ミッケ人生デザイン研究所