PCでノートを取るのは効率的?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

セミナーなどに行ってノートを取るとき
皆さんは何でノートを取っていますか?

米ウオールストリートジャーナル(WSJ)
が紹介する大学の教授の記事によると
http://jp.wsj.com/articles/SB10368883563906114164704582184221284655842

彼が教えている学生の殆どが授業のノートを
ノートバソコンで取っているそうです。

そして、ノートを取っていると思いきや、
実は、ネット上で他のことをしながら
授業を聞いているそうです。

教授曰く、

「過剰にネットにつながっている現代社会で、
彼らは絶え間なく他のことに気を取られていて
「完全な」状態で存在しているということが
決してない」

と続けています。

この「完全な状態で存在していない」とは、
別の言い方でいうと

『講義に集中していない』
『今ここに存在していない』

ということです。

授業を聞きながら他のことをして
マルチに、同時に、要領よく
「やるべきこと」を処理している

・・・つもりになっているかもしれません。

ですが、その結果はというと・・・

講義はネットでクルクル変わる世界より
進行が遅いため、どうしても、PCを
前にするとネットの方に気が行ってしまう。

感覚的にわかりますよね。

実際、

ノートパソコンでノートをとっている
学生たちは手書きでノートをとっている
学生より成績が悪い傾向にある
ことが、
2014年の研究で分かっている。」

そうです。

ですが、その理由は、
ネット上のほかのことに気を取られる
ということばかりではないようです。
この研究によると、

PC利用者は
講義内容の「議事録」を作っていて、

手書きノート作成者は
情報を整理してからノートに書いている

のだそう。

手書きだと一言一句は書き取れないので
必然的に重要な部分だけ書くことになります。

なので、頭の中で、何が重要で
何が重要でないか、選別をしている、
つまり『思考している』ことになります。

一方、ノートPCだと、講師が言った言葉を
そのまま一言一句打つことになり
そこには自分の思考は反映されていません。

それは「思考していない』ことになります。

確かに、PCを前に何か言葉が入ってくると
反射的に聞こえたことを打ってしまいます。

件の教授曰く、

「私が講義でしゃべったことを
ほぼ逐一記録しているような学生は、
私が何を伝えたかったのかを理解して
いなかった。」

この、「何を伝えたかったのか」
を理解していない、という所が重要です。

自分が講義をさせて頂くようになって
感じるのは、

言ったことを理解しようとしている方より、

何を言わんとしているのかを
理解しようとして聞いている方

の方が、本質を掴んでくださっています。

まとめると、
PCでノートをとることは、

・つい他のことをしてしまう
・講師の言葉をそのまま打ち込んでしまうので
考えなくなる。

の二つの観点から弊害があるということ
ですね。

セミナーや講義を聞く際には、

講師が言ったことではなく、
何を言いたいか、を理解する。

そして、講師が言ったことではなく、
自分が理解したことを自分の言葉で書く。

さらに、できれば、理解したことを
どう行動に繋げるか、まで書けると
いいですね。

それは講師が言っていないこと。
講師が言いたかったことを自分なりに
咀嚼し自分の人生に取り入れた、
ということになります。

こうして見聞きしたことを、そのまま
鵜呑みにはしないけれども、一旦は
自分で試して見るという姿勢を
持つことも、積もり積もって、
人生を変えることにつながります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

1年半で1677名の人生を劇的に変えた 『才能を輝かせて幸せに収入と資産を増やす技術』 30日間無料オンラインコーチングセミナー

今すぐ登録!
Copyright 2017 ミッション・ミッケ人生デザイン研究所