『雑談力』から見えてくる『本当の自分』とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こんにちは! ミッション・ミッケ人生デザイン研究所、研究員の石部です。

人と人とが顔を合わせたときにする、挨拶に続く最初のコミュニケーション。それが『雑談』です。

「今日は良い天気ですね~。」
「お元気でしたか?」
「今日はどちらからいらっしゃったんですか?」

これらの軽い会話は、相手との距離を縮めて、その後のコミュニケーションを円滑にしてくれます。

最近は、『雑談力』として取り上げられる機会も増えていますが、この『雑談力』は自分自身の『最高の価値観』と深く繋がっていることをご存じですか?

今日は、『雑談力』から見えてくる『本当の自分』について、3つの視点で考えてみたいと思います。

1) ついつい話してしまう話題はなんですか?

最近の『雑談力』の本などでは、相手への印象づけや話題の転換などを意図して『相手に合わせた話題』などが提案されています。しかし大抵の『雑談』が盛り上がる場面では、特に意図していないのに『ついつい話してしまう話題』がテーマになることが多いです。

では、あなたにとって、特に意図していないのに『ついつい話してしまう話題』はなんでしょうか?少し思い出してみたとき、どんなテーマが話題になっているでしょうか?

話していて愉しく、盛り上がる話題というのは、大抵の場合『自分自身が価値を置いている話題』です。高い価値を置いているので、情報もたくさん入ってきますし、記憶にも残ります。そうすると、結果として話題が豊富になってきます。たくさんの情報があるのですから、話は尽きないですよね。

「そう言えば、最近の雑談では、どんな話題を話していたかな?」とちょっと振り返ってみてください。そこには、高い価値を感じている『自分』が居るはずですよ。

2) 聞いていて楽しい話題はなんですか?

話すことと同じように、自分自身が高い価値を置いている『話題』については、まわりの人の話を聞くことにも愉しさを感じるはずです。

自分自身は、そこまでの引き出しを持たないけれど、ある話題について話を聞いていると『とても愉しく、わくわくしてくる』という場合、そこにも『最高の価値観』に繋がる要素がある可能性があります。

興味をもって聞いている場合、そうでない人に比べて、集中して聞くことが出来ますし、相槌や質問についても、突っ込んだ内容になってきます。

ついつい受け身になりがちな、『聞いていて楽しい話題』でも、ちょっと俯瞰して眺めてみると、『自分自身が高い価値を置いている』部分を感じることが出来ますよ。

3) 『雑談』タイムで満たされることはなんですか?

私は、「相手との距離を縮めて、その後のコミュニケーションを円滑にしてくれること」が、『雑談』の最大の効用だと考えています。ただ、コミュニケーションは双方向ですから、『雑談』の中にもその『方向性』というのは、知らず知らずのうちに形となって表れてきます。

例えば、雑談の方向性のスタイルとして、
a) 自分の経験や学びから得たものを伝えようとするスタイル
と、
b) 参加している人の話題を引き出そうとするスタイル
は、『雑談』の場としても、真逆の形になりますね。

もしかしたら、a)のタイプの人は、『相手に伝える・教える』ことに対する『価値観』が強いのかもしれません。また、b)のタイプの人は、『相手から引き出す・相手を知る』ことに対する『価値観』を大切にしているかもしれません。

自分自身は、『雑談している場面でどんな点で満たされたと感じているだろうか?』と振り返ってみるのも良さそうです。

まとめ

今日は、人と人とが顔を合わせたときにする、挨拶に続く最初のコミュニケーション『雑談』について、3つの視点で考えてみました。

1) ついつい話してしまう話題はなんですか?
2) 聞いていて楽しい話題はなんですか?
3) 『雑談』タイムで満たされることはなんですか?

『雑談力』というと、なにか「鍛えなければいけない力」のように思われますが、そもそも『雑談』で取り上げる『話題』や『方向性』には、『自分自身の最高の価値観』が反映されているのだと気づくことが出来れば、無理なく『雑談力』も伸ばせると思いませんか?

では、今週も素敵な一週間をお過ごしください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

1年半で1677名の人生を劇的に変えた 『才能を輝かせて幸せに収入と資産を増やす技術』 30日間無料オンラインコーチングセミナー

今すぐ登録!
Copyright 2017 ミッション・ミッケ人生デザイン研究所