行動できなくなった時にするたった一つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

行動できなくなった時にするたった一つのこと

こんにちは!

もう6月も20日ですね。
あと10日で2016年も半年が終わります。

年初に計画を立てた方、
ここまでで取り組んできたこと、
自分の成長、解放、見つめてみて
どんな思いを持たれるでしょうか。

なんだ、思ったよりやれている!
と思った方、

半分はできているけど、半分はこれから
と思った方、

うーん、思ったように進んでいないな
と思った方、

ちょっとずつ進んでいるよ
という方、

予想外の試練がやってきて立ち往生
という方、

様々かと思います。

どんな状況であっても、
表向き進んでいないように見えても、
水面下では、しっかり進んでいます。

物事というのは、表に出てくるまでに
時間がかかります。

土の中に埋めた種は、
地表に芽を出すのに時間がかかります。

毎日水をあげても
何日も芽が出る気配さえありません。

ですが、その間にも、
種からは芽が出て、芽は土の中を
地上に向かって伸び続けています。

地上に顔を出すまで、毎日毎日地下では
凄まじい変化が起こっているのです。

立てた計画も同じこと。

目に見える形で結果が出せていなくても、
何かしら行動しているのであれば、

地中では確実に、種から芽芽吹き、
地上に向かって伸びています。

最初の6ヶ月で仕込んだものは、
今地中で醸成・発酵されていて、
次の6ヶ月で一気に形になります。

でも、ときに、それを信じることに
疑いが出てきます。

10日で芽を出すはずだったのに
15日たっても、何も出てこない。

そんなときは、心配になるし、
このまま水をあげ続けて良いのだろうか、
この水でよいのか、
この日当たりで問題ないのか、
何かが間違っているのではないか、

このまま進んでよいのか、
不安になるし、焦りも生じます。

その状態になったときに、できることは
何でしょうか。

このような状態にあるとき、人は
外に答えや救いを求めようとします。

誰かに意見を聞きたくなります。
隣の人が使っている水をみて、
それはなんですか、と聞いてみたり、

日当たりはこちらの方向からでいいんですか
と聞いてみたり。

あるいは、それであっていますよ、
と誰かに言ってもらえて、安心したり。

ですが、それで、答えが出ること、
安心感を得られることは、まれです。

ここでしすることは、むしろ、
自分の『内側に向かう』ことです。

自分の内側に確認するのです。
自分の内側に、聞くのです。

具体的には、次のような質問が
考えられます。

・今、私が目標に向かって前進するためには
何に気づく必要があるのか?

・今、私がこの道を進むにあたって
見過ごしてはならない
地中で起こっている変化は何か?

・今、私がこの道を進むために
見過ごしてはならない
大きなチャンスは何か?

・今、自分の能力を最大限に引き出すために
実践できることは何か?

・今、私が注力すべき
最も重要なことは何か?

・今、私が最優先で意識を向け、
行動すべきことは何か?

・今の状況を打破するために
今すぐできる、具体的な「はじめの一歩」
ベイビーステップは何か?

その他、質問自体はなんでも構いません。

自分に合った質問を自分で考え、
自分に投げかけます。

質問がわからない場合は、

・今、自分にすべき質問は何か?

とそれ自体を質問にしてしまいます。

そして、答えを探しにかかります。
答えを出すのには、2種類の方法を使います。
次回は、それを詳しくお伝えしますね。

今週も、輝く1週間を!

愛と感謝を込めて
高衣紗彩

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

1年半で1677名の人生を劇的に変えた 『才能を輝かせて幸せに収入と資産を増やす技術』 30日間無料オンラインコーチングセミナー

今すぐ登録!
Copyright 2017 ミッション・ミッケ人生デザイン研究所