現状維持は当たり前、大切なのはいかに成長するか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こんにちは。ミッション・ミッケ人生デザイン研究所、研究員の澤田りよです。

先日、ある1部上場会社の経営者のお話を伺う機会がありました。その経営者の方は最近、機関投資家から今後の経営について、インテビューを受けたそうです。彼らが期待していること、それは改善活動を継続して営業成績を維持することではなく、いかに利益を上げ続けて成長するのか、ということだそうです。

現状維持は当たり前、いかに成長するのかが大切。

これって会社だけでなく、私たち一人一人にも全く同じことが言えると思います。

成長には試練が必要

毎日、楽しく幸せな出来事だけに囲まれている生活。一見すると幸福にしか見えないですが、実は、ここには落とし穴が存在するのです。それは精神成長、自己成長がないという落とし穴です。

私たちは楽しい幸福な状態と、辛い試練の両方を経験して初めて、自己成長を遂げることができます。例えば、筋力トレーニングもいったん筋肉を壊すくらいの辛くて重い負荷をかけて、初めて筋力は成長します。簡単に出来る軽い負荷では運動にはなれど、筋肉を鍛えることはできません。

私たちも同じで、辛い試練があるからこそ、ひと皮もふた皮も成長することができるのです。

試練からのメリット

そうは言っても試練を経験するのは辛い!できれば経験せずに過ごしたい。そう思うあなたは、試練の一方の面しか見えていないからです。
実は、あなたが気付いていないだけで、試練から多くのメリットを享受しているのです。

例えば、
入院をしたおかげで、健康のありがたさが分かった。
マネージメント力に欠ける上司がいたおかげで、マネージメント力を身に付けることができた。
時間がかかるだけの無意味な資料を作り続けたおかげで、情報収集量、それを一つにまとめる能力が身に付いた。
等々。

試練の真っ只中にいる時には気付きにくいかもれないですが、その試練があったからこそ今のあなたを織りなすのに欠かすことの出来ない要素を身に付けているものなのです。

この辺のことは、当研究所の所長、高衣の記事に詳しく書いてありますので、ご覧くださいね。

辛いことが続いたら・・・

「試練=辛いだけ」という考えにいったんフタをして、少しの間、過去の辛かった出来事を思い出してみて下さい。その経験があったからこそ、今に繋がっている、そんな結びつきが見えてきませんか。

現状維持は衰退です

成長しなくても、現状維持で十分なのでは?そんな声も聞こえてきそうです。しかし、長い人生、本当に現状維持で良いものでしょうか?

流れのない泉の水が少しずつ濁るよう、私たちの人生も成長なくしては色褪せてしまうものです。そうならないためにも、楽しいことだけを追い求めず、辛いことも体験しそこからメリットを見出し、一段上の段階への上り続けるのも良いのではないでしょうか。

まとめ

幸せでい続けるのは、もちろん素晴らしいこと。しかし、それだけは現状維持と同じことです。辛いできごと、試練があるからこそ私たちは自己成長をして、一段人間性を高められるのです。

これからの人生でも楽しいこと、辛いことをたくさん経験するでしょう。楽しいことは純粋に楽しみ、辛いことがあれば、これを乗り越えた後に素晴らしい成長が待っていると思う。そう思えば、辛い出来事も試練ではなく、チャンスと思えて、より充実した人生を楽しく過ごせるようになる思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

1年半で1677名の人生を劇的に変えた 『才能を輝かせて幸せに収入と資産を増やす技術』 30日間無料オンラインコーチングセミナー

今すぐ登録!
Copyright 2017 ミッション・ミッケ人生デザイン研究所