消費増税延期-今後のウオッチポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

安倍首相が消費増税延期を表明しました。

財務省は財政面から増税必至と
主張していて、メディアもその路線で
増税延期の判断に批判的なコメントが
多いようですが、

実際問題、今の景気状況では消費増税が
経済に与えるインパクトは大きいので

増税延期は妥当な選択だったと思います。

日本経済が現在抱える問題は、
『需要不足』にあります。

マイナス金利を導入しても
企業も個人もお金を借りてくれなくて、

ベースマネー(日銀が発行したお金の総額)
を増やしても、マネーストック(市中に
出回るお金。以前はマネーサプライと
言っていました。)が増えずに
金融緩和効果が得られていないのです。

この状況下で増税をしてしまうと、
より需要が落ち込んでしまうので、
増税延期はやはりせざるを得ない
選択肢だったと思います。

一方で、国家財政が厳しい状況に
なることも事実。

消費税2%分は年間5兆円ほどの財源増と
決して規模的には大きくないものの
延期による税収減はどこかで補わなければ
なりません。

金融政策に加えて、今後は
財政政策もとって行かなければならない中、
財政の健全性と景気回復の狭間で
難しい舵取りを迫られます。

延期された2年半の間に、

政府の財政出動で需要がどれだけ喚起できるか

が今後の景気回復への鍵を握ると思います。

また、日銀の黒田総裁も、消費増税への
駆け込み需要を見越して、それに
マイナス金利をぶつければ、
より需要が喚起される

との読みもあってマイナス金利を
導入したとの見方もあります。

今後日銀が金利政策の方向性をどう変えてくるのか

も、ウオッチしていきたいポイントです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

1年半で1677名の人生を劇的に変えた 『才能を輝かせて幸せに収入と資産を増やす技術』 30日間無料オンラインコーチングセミナー

今すぐ登録!
Copyright 2017 ミッション・ミッケ人生デザイン研究所