すでに挫折してしまった目標を修正する3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

1月も終盤に差し掛かりました。目標の進捗度合いはいかがですか。もう挫折した方もいらっしゃるかもしれませんね。

そんな方も自分を責めなくて大丈夫です。1月の15日までに、元旦に習慣系の目標を立てた人の85%が挫折しているのだそうです。

だからと言って、安心して良いとは言えませんが、人間なんて、そんなものなのです。それがわかったら、少しは気が楽になりませんか。

すでに挫折をしたら、それにがっかりしたり、自分を責めたりジャッジしたりするのではなく、すかさず、分析して修正すれば良いのです。

何がだめで挫折したのかを分析し、どうしたら続けられるのかを考え、できそうな目標に修正する。今回は、目標修正のポイントを3つお伝えします。

1.  必ずやれる、敷居が高くないものを選ぶ。

みなさんは、自分には何ができて、何ができないか、なんとなく頭でわかっているはずです。ですが、目標を立てる段になると、自分に関するその重要な情報を無視して、「理想」に走ろうとします。自分を一気に変えようとします。それこそが早期挫折の原因なのです。

習慣系の目標は、理想主義に走らず、毎日今の自分が必ずやれる、今の自分にとって敷居の高くないものを選ぶこと。

間違わないでくださいね。目標は立てることが重要なのではなく、行動することが重要なのです。習慣系は特に365日、行動することが重要。必ずやれるものを選択することです。

2.  一部分はすでにやっていることを選ぶ。

例えば、朝5時に起きて英語の勉強をする。という目標を立てて挫折したとしたら、分析してみてください。1)朝5時に起きる、と 2)英語の勉強をする、の両方が、今までやっていなかったことにはなっていませんか?

今まで朝5時に起きていたけどネットサーフィンをしていた、その時間を英語の勉強に充てる、というのはOKです。あるいは、今まで毎日夜2時間英語の勉強をしていた、それを朝に変える、これもOKです。 ですが、朝5時起きも、英語の勉強も、今までどちらもやっていなかった方が、この目標を設定すると、継続はかなり難しくなります。1)と2)、どちらかをすでにやっていて、頑張ればよいのがどちらか一方であれば、やれる確率がグッと高まりますよね。

3. 自分が高い価値を置くものを組入れる。

例えば、朝ジョギングするという目標を立てて挫折したとしたら、分析してみてください。

1)そのこと自体が好きなことですか?

2)目的は、自分の価値観に合致していますか?

そのこと自体が「割と好き」な場合はOKです。あまり好きではない場合は、目的を確認してください。「健康のため」「シェイプアップのため」「体力をつけるため」など出てくると思います。これらの目的のもう一段先の目的を考えてみてください。

「健康のため」は、健康になって、どうしたいのですか? 仕事をバリバリやるため?、長生きして毎年夫と旅行に行きたいため?

「シェイプアップのため」は、スリムになって何をしたいのですか? もてたいため?、「仕事のシーンで颯爽としていたいため?

一歩先の目的が出たら、それが叶った所を想像します。そして、それが叶った時、どんな風に感じるか、臨場感をもって5感全てを使って感じます。そして、誰かが喜んでくれる人がいたら、その人が喜んでいる所を想像します。その人は、あなたになんと言って声をかけてくれていますか?

そして、挫折しそうになったら、その方の笑顔を想像して、ベッドから起き上がります!

この3つの観点から、目標を修正設定してみてください。残り11ヶ月、最初に立てた目標を挫折したまま放置して過ごすか、修正して新たな目標を見つめるか、今年の終わりに自分が笑うのはどちらでしょう。

今日は週の最終日、しっかりと引き締めて、そして、幸せに、輝いていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

1年半で1677名の人生を劇的に変えた 『才能を輝かせて幸せに収入と資産を増やす技術』 30日間無料オンラインコーチングセミナー

今すぐ登録!
Copyright 2017 ミッション・ミッケ人生デザイン研究所