人生の成功を阻む3つの思考

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

おはようございます!

「人生デザイン構築法」の高衣紗彩です。

この所、暖かい日が続いていますね(東京は)。
秋が長いのは、個人的に嬉しいです。

さて、今日からは、人生デザインとキャリア・デザインの話に転じたいと思います。

かのアインシュタインは、次のような言葉を残しています。
『私たちが創造した世界は、私たちの思考の産物であり、思考を変えない限り、創造した世界も変わらない』

思考とは、多分、真実をねじ曲げる力を持っていて、私たちは、しばしばそれをしてしまい、苦しんだり悲しんだり、してしまいます。そして、残念なことは、その渦中にいる時には、それに気がつくことは難しいということです。

思考が私たちの未来を創りますから、真実をねじ曲げてしまう思考は、ねじ曲げた未来を作ってしまいます。

どのように考えるか。

それを変えずして、何も変えることはできないし、これまでと、同じように考えて、同じように行動していては、これまでと同じ人生が続くだけです。

もし、今の状況が、自分が自分であるためのサポートではなく、試練や困難を与えているのであれば、問題を解決しようとするのではなく、自分の思考を、見つめてみましょう。

その時、自分はいつもどんな思考を持っているのか、ではなく、どのように思考しているのか、にフォーカスします。

真実を歪めてしまう思考のトップ3

真実を歪めてしまう思考のトップ3は、以下の思考です。

1.  他人や理想と自分を比べて、自分はダメだな、と思う思考。
特に、どこにもいない”理想の自分”と”現実の自分”の比較病になると、どこまで行っても、何を成し遂げても、「自分はまだまだだ」という思考から抜けられません。

あなたには、この宇宙であなたしか持っていない価値観があります。

その価値観はあなた以外の誰も持たないのですから、あなたの価値観の分野では、誰もあなたより良く生きられることはないのです。何者とも比べる必要はない。見るのは、絶対的な存在としての自分です。それができた時に、私たちは自分を解放できるのだと思います。

2. 誰も信じられない、と思う思考。
例えば、「裏切られた」という過去の経験から、その思考が根付いたとしたら、それこそが、”真実をねじ曲げた思考”です。誰も信じられない」は、私たちが、どこにもいない”理想の相手”と”現実の相手”を比べることーつまり幻想ーから生まれた、失望に根付く思考。そして自分の理想を相手に押し付ける思考。

自分の理想を相手に押し付ける、それは相手を真摯に観ていない、とても失礼な思考に基づく、とても失礼な行動。 相手の価値観を尊重していれば、「裏切られた」のではなく、それはその人がその人の価値観に生きただけ、ということが見えて来るかもしれません。私たちが私たちの価値観に生きているように。

あなたの価値観に基づく、相手の行動のジャッジ。それは、相手の価値観を尊重していないことの現れです。そして相手の価値観を尊重していないということは、自分の価値観も尊重していないし、周りにも自分の価値観を尊重しないことを許している可能性が高いです。

3.問題があると認識し、「その問題に自分が圧倒される」ことを許可する思考。
真実は、問題はそこにはなく、私たちが「これは問題だ」と認識することから生み出される思考の産物。これも、真実を見ていない、幻想を見ていることから来る問題、困難。そういった問題は、Let it go !手放して、そして Let it be あるがままに。

こういった真実を歪めてしまう思考が静まると、アインシュタインのこの言葉の、後者の生き方が、当たり前になってきます。

「私たちの生き方には二通りしかない。奇跡など全く起こらないかのように生きるか、すべてが奇跡であるかのように生きるかである」

幻想に基づく思考を手放して、今週も輝く一週間を!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

1年半で1677名の人生を劇的に変えた 『才能を輝かせて幸せに収入と資産を増やす技術』 30日間無料オンラインコーチングセミナー

今すぐ登録!
Copyright 2017 ミッション・ミッケ人生デザイン研究所