リーダーとしてどう在るべきか〜優れたリーダーの在り方とは〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

前回からの続きで、リーダーについて考えてみます。

リーダーに必要な資質やスキル、経験というのは、良く語られますが、
どうあるべきか、という在り方については、あまり語られていないように思います。

例えば、実行力とか、例えば問題解決能力とか、
そういったスキルを持っていることは勿論大切ですが、

それらのスキルの前に、優れたリーダーとは、存在そのものに価値があり、
『在り方が人を惹きつける人』であるように思います。

そこで、今回は、

「リーダーとして、どう在るべきか?」

という点について、掘り下げて考えてみたいと思います。

リーダーは率いるグループの象徴

私は、『リーダーはその人が率いるグループの象徴』だと思っています。

そして、グループのメンバー全員が、
自分の所属するグループの象徴に満足し、納得している。

これが、重要だと思っています。

象徴というのは、ここでは、
そのチームメンバーの「魂の質の総和」のようなもの。

「自分もそう在りたい。」

というメンバーの目指す姿を代表している存在です。

優れたリーダーはあらゆる機会を通じて、在り方を伝える

そういうリーダーの元で働くメンバーは、
リーダーに対して、無意識に、

「何かあった時に、この人は、自分がこうしたい
と思う姿を見せてくれるはず」

という期待を持っています。

そして、その期待を裏切ることなく、あらゆる機会を通じて
表現しているのが真のリーダー、だと思います。

時に、その期待を上回る行動を取ると、
メンバーは感動し、益々リーダーの『在り方』
に対する信頼を高めることになります。

ただ、それは、全ての領域において、
メンバーより優れていなければならない
ということを表しているのではありません。

そこを混同してしまうと、
自信がない部分で虚勢を張ったり、
取り繕うためにロジックが噛み合わないことを
言ったりしてしまいます。

よく言われる、ビジョンを持つ、と言うのは、
この「在り方」ができてから、その上に持つもの。

在り方があってのビジョン、だと思います。

この「在り方」が上手く伝わっている、つまり
グループの象徴として上手く機能しているリーダーは、
次のようなことができています。

優れたリーダーは、メンバーのリーダー性を発揮させる

人間は誰しも、どれかの領域で
リーダーになる潜在力を持っています。

この分野ではこの人、
これにかけてはこの人、

そう言われる分野が誰にでもあります。

なので、リーダーは、メンバーそれぞれが
リーダーになれる分野を見極めて、
その分野については、その人にリーダーの役割を任せる。

それをできる人が、メンバーの個性と魅力、
才能を最大限に引き出せる、
真のリーダーだと思います。

自分は、「リーダーの集団のリーダー」になるわけですね。

そして、それぞれのリーダーが壁にぶつかった時に、
「在り方」を見せ、伝える。

メンバーが壁にぶつかった時、あなたには
解決策が見えているかもしれません。

こうして、ああしてと指示を出すことは簡単で、
結構、私たちは指示を出してしまいがちです。

ですが、在り方さえ示しておけば、
それが軸となり、その軸に従って
自分で解決策を考えつくことができます。

それが自信になり、ますます成長します。

すると、自然と、更に高次の欲求が生まれます。

優れたリーダーは、更に高次の欲求を満たせる機会を与える

人間には、更に高次の欲求を満たしたいという「欲求」があります。

例えばマズローの欲求のヒエラルキーを下から登って、
自分が今まで持っていた欲求が満たされたら、
次には、一段上の欲求を満たしたいと思うということです。

それを満たす『機会』を与えると、脳が喜び、
やる気を司るホルモンであるドーパミンが放出されるため、
自発的にそれに向かって集中して取り組むようになります。

自分が今まで持っていた欲求の一つ上の欲求に向かうとき、
私たちは、とても楽しく、エキサイティングに感じます。

それに向かって、全エネルギーを投入し、集中します。
色々アイデアも湧いてきます。

もっと効率的に満たすためにはどうしたら良いか、
もっと対象を広げるためにはどうしたら良いか、
など、色々考え始めます。

そのような時、私たちは、時間という概念を忘れています。
浦島太郎のように、気づくと、3時間、4時間経っている

ということも、よく起こります。

これが、ゾーン状態、フロー状態と呼ばれている状態です。

フロー状態に入って何かをしている時、人は自分を超えます。
これまでは発揮することのなかった、『力』を発揮します。

そんな能力あったんだ。

と、自分も周囲もびっくりするような力です。

それが、『隠れた才能』であり、人間の『潜在能力』なのです。

それを引き出せる機会を与える、つまり、
高次の欲求を満たそうとフロー状態になれる機会を与える

それができるリーダーは、チーム全体の可能性を最大限に引き上げ、最強にします。

それができれば、やる気を高める、とか、モチベーション・コントロールとか
小手先のスキルは一切要らなくなります。

これは、自分の外資金融業界での経験から導き出されたものです。
大学の研究室での実験で立証されたものではありません。
が、実際に、「在り方」を伝える方法と、「やる気を高める」方法と

二つのリーダーシップの形を用いてマネジメントを行い、
得られた結果から得た、教訓です。

次世代を担う若きリーダーの方に、是非お伝えしたい私自身の学びです。

まとめ

・リーダーは、率いるグループの象徴である。
・優れたリーダーは、知識スキルではなく、在り方を伝える。
・あらゆる機会を通じて、在り方を伝え、メンバーの期待を決して裏切らない。
・優れたリーダーは、メンバーのリーダー性を見抜き、それを発揮させる仕事を与える。
・優れたリーダーは、メンバーに高次の欲求を満たす機会を与え、フロー状態に入ることに注力する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

1年半で1677名の人生を劇的に変えた 『才能を輝かせて幸せに収入と資産を増やす技術』 30日間無料オンラインコーチングセミナー

今すぐ登録!
Copyright 2017 ミッション・ミッケ人生デザイン研究所